2010年10月02日

Racing In The Street


Darkness on the Edge of Town

Darkness on the Edge of Town

  • アーティスト: Bruce Springsteen
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 1988/05/19
  • メディア: CD



18か19の頃、海岸線に伸びるバイパスで交通整理のバイトをしていた。
夜の8時くらいから翌日の早朝まで、海ノ中道から志賀島に伸びる海岸線に沿った道路に突っ立っていた。
 ほとんど一直線の見通しの良い道で、交通量も極端に少なかった。比較的楽なバイトだったと思う。気の遠くなるほど時間が進まなかったことを除けば。

 朝までに3度くらい休憩があった。わりと長めの休憩で、もう一人のバイトの男とノリの悪い会話をした。同じ大学生(大学は違った)で、歳も同じだったと思う。私は当時から今に至るまで会話が不得手で、人と交わるのは苦手だった。ノリの良い相手だと気まずい思いをしたが、その日の彼は口数が少なかった。普段は違ったかもしれないが、その日の彼は自分以上に会話が重く、私は彼の途切れ途切れの返答に親しみを覚え、普段より余計に彼に話しかけたことを覚えている。

 深夜の海岸沿いの道路に座り込んで、滑舌の悪い若い男が必死になって相手に何かを伝えようとしている姿は、実にカッコ悪く、まったくもってイケてない。
それでも、その日の私は雄弁だった。溜まっていた物を吐き出すがごとく喋り続けたのを覚えている。どうにかして、その彼に、自分が何者であるか、何を抱え、何に怯えているのかを訴え続けたのを覚えている。
 厄介な男に捕まった、その彼は、腕組みをしてウンウンと頷き、考え込むような素振をしてくれた。彼にとっては長い夜だったろう。実際、その夜は果てしなく長い夜だったのだ。

 2度目か3度目かの休憩の時に少し離れた場所にあるコンビニまでコーヒーを買いに行くことになった。我々がコンビニに向かっていると、作業員の男が追いかけてきて「コンビニに行くのか?」と聞いてきた。「そうだ」と答えると「タバコを買ってきてくれ」と小銭を渡された。真っ黒に日焼けした、その男からは焼け焦げるような匂いが漂っていた。

 舗装を掘り返されてデコボコになった道路を二人並んで歩いた。無口な彼が将来の話を始めた。とてもハッキリと描かれた将来で、彼がそれに情熱を持っているのを感じた。私は、ひどく取り残された気分になった。当時の私は将来など、まったく描けていなかった。

 海風が激しく、海のうねりが地面を這うように迫っていた。私は暗い海に目をやって、その海があまりにも暗く、あまりにも大きいことを目の当たりにしていた。暗過ぎるし、大き過ぎる。とても自分の手には負えないと。

Bruce Springsteenの「Racing In The Street」を聴いていると、その日の夜の海のことを思い出す。若さとは不毛さだと思い出す。歳を重ねた今となっては、小賢しく、ソツなく生きようとする今の私は、当時の私から、どんな目で見られているのだろう?と思ったりする。

 あの日、若き日の私が必死になって語りかけていたのは、老いることの不毛さに怯える今の私だったのではないだろうか?

posted by sand at 16:29| Comment(0) | 音楽コラム・Bruce Springsteen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。