2005年12月17日

2000 Miles H(It Must Be Christmas Time)

Get Close.jpg森.jpg
The Pretenders / Get Close

午後の陽射しが穏やかに照りつける森の中に着いた。
周囲の木々は色づいて落ち葉が辺りを覆い尽くしていた。季節は秋なのだろう。陽射しはホカホカと暖かだったが吹きぬける風は冷たかった。

アライグマ男の家は、森の隆起した部分に建っていた。
ログハウス風の作りで小さいが、どっしりした落ち着きを感じさせた。

埼玉ネコはドアをノックした。「どうぞ」中から声がした。埼玉ネコは扉を開いて声をかけた。「お客様の到着だ」
アライグマ男は、アライグマそのものだったがベージュのセーターとコットンのパンツを身に着けて、お洒落に見えた。デニム地のエプロンには「LED ZEPPELIN U」のジャケットがプリントされていた。

僕とアキコは、アライグマ男に挨拶した。彼は丁寧に挨拶を返した後、恥ずかしそうに下を向いて耳をピクピク震わせた。

部屋の中は、大きなダルマ型ストーブが勢い良く燃え盛っていて暑いほどだった。
大きなクリスマスツリーが中央に据えられ、色とりどりのリボンが部屋中に張り巡らされていた。
ガッシリした木目のテーブルには既に数種の料理が盛り付けられていた。
ビーフカツレツ。シザーズサラダ。焼き立てのピザとスライスしたパン。
そして大きなチョコレートケーキが乗せられていた。

アライグマ男は、まずアキコをテーブルに案内し椅子を引いて座らせた後、ナプキンを手渡した。
僕と埼玉ネコがテーブルに揃うと、アライグマ男はグラスにワインを注いだ。
大きなワイングラスに赤ワインが、たっぷり注がれた。

次ぎにレコードプレイヤーをスタートさせ、Nat King Coleの「Christmas With Nat King Cole」が鳴り響いた。
アライグマ男は、自分のグラスに野菜ジュースを注ぎテーブルについた。

「メリー・クリスマス!」埼玉ネコは高々とグラスを上げた。
「メリー・クリスマス!」皆も後に続いてグラスを上げた。
ビーフカツレツは、カリッと焼き上げられていて、とても美味しかった。僕らは、ほとんど無言で、それを食べた。それでもテーブルの周りには緩やかな親密さが満ち溢れていて、心地よい一時が流れていった。
Nat King Coleの美しい歌声の狭間に、ナイフとフォークが触れ合う小さな金属音が気持ち良く鳴り響いた。

アライグマ男は、切り分けたチョコレートケーキをテーブルに回した。程よく苦味が効いた美味しいケーキだった。
食事が終わると、僕らはソファに移動して、アライグマ男とアキコが運んできたコーヒーを飲んだ。

やがて、アライグマ男はツカツカとアキコの前にやってきて、丁寧に一礼し右手を差し出し「失礼ですが、踊って頂けませんか?」と聞いた。

アキコは、ちょっとビックリした表情をしていたが「ハイ」と言って立ち上がった。
僕はアキコに手を振った。アキコは恥かしそうに笑った。

アライグマ男は、とても上手に踊った。アキコも次第に優雅に踊り始めた。
古風なログハウスの薄暗い電球の下で、緩やかに踊るアキコはとても美しかった。僕は、うっとりとそれに見とれていた。

「良い娘じゃないか」埼玉ネコは僕に囁いた。
「はい。そう思います。」僕はそう返事をした。

アライグマ男は、踊りを止め僕の前にやって来て「彼女がお待ちです」と告げた。
僕は、ソファを離れてアキコの前に立った。
「王子様の到着ね」アキコは言った。
「乾いた国から来ました」僕は笑った。

「上手く踊れるかな?」僕はアキコに聞いた。
「あなたに必要な事は、過去を捨てる事よ」
僕は、アキコを真似ながら踊ろうとした。少しづつだが踊れるようになってきた。

アライグマ男は、嫌がる埼玉ネコをパートナーにして踊り始めた。大きなアライグマ男は、小さな埼玉ネコと振り回すように踊っていた。埼玉ネコはヒーヒー悲鳴を上げながら踊った。僕らは、それを見て声を上げて笑った。

「楽しいね。キタヤマダ君」アキコは愉快そうに言った。
「楽しいね。・・アキコ」
「え?何て言ったの」
「楽しいね。アキコ」僕は、もう一度言った。
「ようやく名前を呼べたわね」アキコは笑った。

僕はアキコに言うべき言葉を思い出した。
「アキコ」
「ん?」
「綺麗だよ」僕は言った。
「それって口説いてるわけ?」アキコは笑った。

「まあ。60点ってところね」アキコは、そう言いながら僕の肩に顔をうずめた。


posted by sand at 02:54| Comment(0) | 連作小説・アキコ物(2000 Miles) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。