2009年11月27日

ゆるい週末


Blind Faith

Blind Faith

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Japan
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD




 先週、母をホスピス棟に移して、ホッとしたのか自分がメニエールの症状を起こしてダウン。その後、復活し、今日また主治医から母の余命が2〜3カ月だと言われて、またブルーになってしまいました。分かってはいるし、同じことの繰り返しですが、やはり、なんといっても、やっぱりね。

 2年弱の介護生活もいよいよ大詰めを迎えたようです。最初は、介護のことで実務的な事を書こうかと思っていましたが、もう、どうでもよくなりました。結局、自分は運が良かった。良い人にめぐり合えたと言う事なのでしょう。これまで関わっていただいた、ケアマネージャーの方・ホームヘルパーの方・訪問看護の方・大学病院の主治医・転院先の主治医・それぞれの病院スタッフの方々・ホスピスのスタッフ方々。すべて良くして頂いた。介護生活は本当にゆるかった。もっとハードで苦しいものだと思っていました。病院に邪険に扱われて、転々と入退院を繰り返すものだと思っていました。高額な医療費を請求され、役所からゴミのように扱われ、身包み剥がれるものだと思っていましたが、まったくそんなことは起きなかった。

 最後に母親の名誉を回復させてあげたいと切に思うのです。女社長として腕を振るった人です。死ぬ前になるのか、死後になるのか分かりませんが、そうするにはどうしたら良いのか頭をひねっています。

 復讐ではなく、もっとゆるいものです。週末にゆったりと帰宅するようなものです。住み慣れた、あの場所に。





posted by sand at 17:33| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。お久しぶりです。
事情を知らない私が偉そうなことは言えませんが、偶然に良い運に恵まれたのではなく、sandさんの、周囲に感謝する気持ちが、良い縁を引き寄せたような気がしてなりません。ネットでもいっぱいいると思います。sandさんの力になりたい人が。結局何もできないんだけどね。

東京(てか千葉)はここ数日、春が戻ってきたような暖かさです。こんな晴れた日には、不信心な私にも神様が見えるような気がします。Blind Faithって名前ぐらいしか知らなかったんですが、今日みたいな日にぴったりですね。
どうぞお身体に気をつけて。

…っていい話で終わろうとしたら、認証コードでガクッと来ましたよ…
Posted by ショコポチ at 2009年11月28日 10:52
ショコポチさんのおっしゃるとおり、偶然に良い縁が集まってくるのではなく、その真ん中にいるのがsandさんだからこそ、いい人が集まって来てくれるんだと思いますよ。
それはお母様にとってもやっぱり良い縁であり、そしてもう、お母様の名誉にもなってるんじゃないでしょうか。
わたしにはなにもできませんが、sandさんにもっといいご縁が集まりますようにお祈りしております。お体気をつけてくださいね〜。

・・・認証コード、どうしても「s」を最後につけそうになります。でも単体だもんね。sandさんは変態だってことですね。わかってるって((´∀`*))
Posted by tallulah at 2009年11月28日 15:34
どうも、励まし、ありがとうございます。
ここのところご無沙汰して、すいません。

実を言うと、関わったのは、ちょっと年下の女性が多かったので、彼女たちは、みんな、僕に惚れていたのだと、好意的に解釈したりしています。てのは冗談。

>お母様にとってもやっぱり良い縁であり、そしてもう、お母様の名誉にもなってるんじゃないでしょうか

そんなふうに言ってくれると嬉しく泣けてきますが、どうして、もっと早く気がついてやれなかったのか、後悔ばかりしています。

今日はケーキを差し入れました。モリモリ旨そうに食ってたので、もう少し生きそうな気がします。

本当にコメントありがとう。コメント読むのは恥ずかしくて、あまり好きじゃないのですが、今回ばかりは嬉しかったです。
Posted by sand at 2009年11月29日 16:28
sandさん、こんばんは。

後悔なんて早すぎですよ!
まだ何も間に合わないことなんてないです。
お母様ケーキ美味しそうに召し上がれてよかったですね。
沢山お話してあげてくださいね。手も握ってもらいましょう。
sandさんとお母様を取り巻く世界が、ずっと優しいままであること信じています。

メニエールはひと段落すると出るんですよね。
あれ本当に辛いけど、何日かして一通り回りきったら止まるんですよね。
上手くストレスの逃げ道がつくれますように。
お身体大切にお過ごし下さい。
Posted by 志穂美 at 2009年12月06日 20:41
どうも、ありがとうございます。
実は最近、イラついてるのか、ひどく機嫌が悪いのです。昨日もフルーツを差し入れましたが、「何しに来た?帰れ」と怒鳴られたので、疲れていたもので我慢が出来ず、フルーツを床に投げつけて帰りました。その後、ひどく落ち込みました。

母は元々手のつけられないほどの傲慢な性格でしたが、身体が弱ってからは、それは影を潜めていました。ここにきて看護婦さんを罵倒したり、物を投げたりのようです。

週末に弟が見舞いに来るので、少し弟の力を借りてみようと思います。

でも、あまり良い人のまま死んでしまうより、わがまま言いながら死んでくれて方が良いかもしれませんね。しかしホスピスから追い出されるとヤバイな〜。
Posted by sand at 2009年12月08日 17:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。