2011年04月24日

深海

深海.jpg

 ロミ郎が僕の部屋に現れたのは、深夜3時を回った頃だった。その日のロミ郎は、珍しく酔っていた。片手にアーリータイムスのボトルを下げ、トロンと眠そうな目つきをしていた。
「ちょっと歩かないか?」ロミ郎は僕を誘った。僕は少し迷ったが誘いを受けることにした。今日のロミ郎の様子がいつもとは違う感じがして、幾分心配になったこともあった。

 表に出ると思ったより寒かった。「寒いだろ?」僕はロミ郎に聞いた。ロミ郎は何も言わずウィスキーのボトルを差し出した。僕はボトルを受け取るとラッパ飲みで体内に流し込んだ。胃の中にアルコールが落ちて行き、静かに燃え上がった。

 ロミ郎も歩きながら何度か、それを流し込んだ。らしくない。ロミ郎にしては、ずいぶん荒っぽい。何か忘れたい事があるのかもしれない。

 ロミ郎は変わり者で通っていた。実際、ひどく無口だったり、ある時には大声で騒いだり、つかみどころの無い男だった。それに変な噂があった。ロミ郎はホモで初老の紳士と付き合っているという噂だった。僕はそんな噂を知りつつ、それでもロミ郎と一緒に行動することを好んだ。ロミ郎と僕は不思議なくらいに気があった。

 大通りから折れて細い路地に入り込むと、向かうから歩いてきた4人組みの男とロミ郎は、ぶつかりそうになった。男達も酔っていた。一人の男が声を荒げてロミ郎に詰め寄った。ロミ郎は無言のまま、詰め寄った男とにらみ合いになった。

 ロミ郎はやるつもりだ。普段のロミ郎は、もの静かな男だったが、時々手がつけられないほど荒れる事があった。どんなに殴られても蛇のように絡み付いて離れなかった。それを知る者は気味悪がって、ロミ郎には近づかなかった。僕は小心者だったが、かなり荒っぽいスポーツを長くやっていたので肉弾戦には抵抗がなかった。相手が手を出せば、ロミ郎は向かって行くだろう。僕は覚悟を決めて拳を握り締めた。身体が熱くなってワナワナと震えた。

 文句をつけた男は、大声でロミ郎を罵倒したが、ロミ郎は少しも怯まず、男を無言でにらみ続けた。男の連れが後ろから声をかけた。「こいつら頭がいかれてるぜ。こんなヤツに構うな」連れの男は、文句をつけた男をロミ郎から引き離した。文句をつけた男はロミ郎に捨て台詞を吐いて、そこから立ち去って行った。

 ロミ郎は暗い目つきのまま、再び歩き始めた。男達の言い分は、少しも間違ってはいなかった。その頃の僕らは、間違いなく頭がいかれていたのだから。

 大きな川に沿った遊歩道に出た。この川は海まで続いている。海に向かって歩いていると次第に夜が明けてきた。青白い光が辺りの空気を染めて行った。僕は歩を止め遊歩道に隣接した駐車場の柵にもたれて煙草を吸った。ロミ郎は川べりのベンチに腰を下ろして、川の流れを見つめていた。

「何かあったのか?」僕は気になっていたことをロミ郎に聞いた。たぶんロミ郎は何も話さない。もしくは話せない。それでも僕は聞いた。恐らくロミ郎はそれだけを望んでいた。ロミ郎は無言で首を左右に振った。

「あの子と上手く行ってるのか?」ロミ郎は普段聞かないような聞いた。玲子とは最近会っていない。少し分からなくなっていた。一人でいるほうが、ずっと楽だった。僕のそんなところが彼女には面白くないのだろう。実際、僕は少しも面白くない人間だ。「難しいね。一人でいる方が楽だよ」僕は返事をした。

「おまえは結婚するタイプだよ」ロミ郎は川を見つめたまま僕に言った。確かに僕はそんなタイプだ。僕は平均的な男だった。平均的な家庭に育ち、平均的な学校を出て、平均的な就職をする。平均的な恋をして、平均的な家庭を持ち、平均的に子供を育む。そして平均的に死んでいくのだ。僕は自分の一生を容易に想像できた。面白くない。でも、それが僕だ。

 ロミ郎は違う。他の誰とも違っていた。恐らくそれがロミ郎に引かれる最大の理由なのだと思う。彼は他の誰とも違っていたが為に、誰よりも孤独だった。ロミ郎は黙って川を眺めていた。僕は何も言わず彼を見守っていた。僕は今以上、ロミ郎に深入りはしたくなかった。ロミ郎の抱えている問題は、僕の手には、とても負えない種類のものだと想像できたからだ。

 僕は柵から離れて、川べりまで歩いた。そして朝日を浴びて次第に輝きを帯びてきた、川の流れを覗き込んだ。僕はしばらくその流れに見とれていた。川音がロミ郎の気配を消していた。気がつくと彼は僕の真後ろに立っていた。そして何も言わずに僕を後ろから抱き締めた。ロミ郎は僕に覆い被さるように強く強く僕を抱いた。時間が止まったように感じられた。僕は強い衝撃を受けて、頭が真っ白になっていた。ロミ郎の鼓動をはっきりと背中で聞いた。

「もう少しだけ、このままでいてくれないか」ロミ郎は呻くように言った。僕にはロミ郎の行為が理解できなかった。と同時に彼が可哀相に思えた。僕はロミ郎に言われるまま、じっと動かなかった。
「俺を救ってくれないか。救い出してくれないか」ロミ郎は消えるような声でつぶやいた。

 しばらくしてロミ郎は身体を離し「悪かった」と言った。僕は彼の顔を見ることも出来なかった。ロミ郎は小走りでそこから立ち去った。彼の後姿も追わなかった。僕はただ混乱していた。

 再び、僕がロミ郎の姿を見たのは、それから、ずいぶん後の事だった。僕は仕事で遅くなり、暗い夜道を自転車で帰宅していた。大きな交差点で信号待ちしていると横に黒塗りの高級車が止まった。車の助手席にロミ郎が座っていた。彼は口を半開きにして目をカッと見開いていた。しかし、その瞳には何も映っていないように感じられた。彼は目を見開いたまま虚空を凝視していた。失神しているのかもしれない。僕の身体には凄い勢いで鳥肌が立った。運転席には、初老の紳士が乗っていた。キチンとした身なりをしていた。ロミ郎の父親と呼んでも可笑しくはなかった。この人がロミ郎の恋人だろうか。運転席の男は僕に気がついて目が合った。男はとても哀しそうな表情をした。

 青いネオンライトで照らされた車中は、まるで海水の中のように青白かった。彼ら二人は深海に取り残されたように見えた。地上に切り取られた深海で、もがいているように感じられたのだ。

 信号が青に変わり、車は動き出した。僕はその車に何かを持ち去られた気持ちになった。それが僕の中にあったなんて、ずっと気づかずに生きてきた。



応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

こちらも、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村
posted by sand at 03:03| Comment(0) | 超短編小説・ロミ郎シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。