2005年03月11日

Time After Time@

sting.jpg
If You Love Somebody Set Them Free

いつものように、キウチは、スカイライン(ジャパン)に乗って派手に登場した。
横には、ガールフレンドのアキコが乗っていた。

キウチと僕とは、小学校からの友達だった。
僕はいつでも部屋でレコードを聴いて本を読んでる根暗な男だったけど、
キウチは明るくて優しくて楽しい男だった。当然、キウチは女の子に人気があった。

「おう!キタヤマダ。元気か。また部屋にこもってたのかよ。たまにはパーッと外で遊べよ。」
キタヤマダとは、僕の名前だ。
「こんにちは。久しぶり。お邪魔しますね」アキコが挨拶した。
アキコは、ショートカットで笑顔が、とてもチャーミングな女の子だった。

僕は、彼らを自分の部屋に案内すると、三人は兄弟のように笑って話をした。
僕とキウチは、性格は全然違っていたが、何故か昔から気が合った。
ほとんどの会話はキウチが中心だった。キウチは、僕に気を使って、時々、答えやすい話を振ってくれた。アキコは、タイミング良い突っ込みと天然ボケで笑いを引き出した。
僕は、彼らと話してるとリラックス出来た。でも、やっぱり羨ましかった。

「3限目は授業あるか?」キウチは僕に聞いた。僕らは同じ大学に通っていたが、学部が違ってた。アキコは、高校を出てアルバイトで生活していた。
「いや。3限目は授業はないよ。」僕は答えた。
「じゃ俺、3限目テストだから今日は出席するわ。アキコ、部屋に戻るなら送るよ。」キウチはアキコに聞いた。
「あ、授業終わるまで、ここで待ってるわ。キタヤマダ君、良いかな?」アキコは僕に聞いた。
「あ、良いですよ。じゃ僕はパチンコでも行ってるよ。」僕は答えた。
「何言ってんだよ。お前もココにいろよ。お前なら何も出来ないのは分かるって。」キウチは笑って言った。
「そうよ。食べたりしないから」アキコも笑った。

「じゃな、アキコ。キタヤマダをいじめるなよ。俺の親友なんだから」キウチは、そう言って部屋を出ていった。
僕とアキコは、二人きりで部屋に残された。

ねぇキタヤマダ君。レコード沢山持ってるね〜。アキコは僕に言った。

「うん、何か聴くかい?」僕は聞いた。
「そうね〜。洋楽詳しくないんだけど、ポリスある?「見つめていたい」って好きなのよね。」アキコは答えた。
「あ、それなら最近出たスティングのソロが良いよ。「セット・ゼム・フリー」ならヒットしてるから聞いたことあると思うよ。」僕は、スティングの「ブルータートルの夢」をプレイヤーに乗せた。
posted by sand at 03:54| 連作小説・アキコ物(Time After Time) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。