2005年03月04日

ほととぎすクレヨン

ホトトギス.jpg クレヨン.jpg

<ほととぎすクレヨン>が届いたのは、木曜日の午後だった。
私は、深夜からの仕事を終え、自宅で本を読んでいた。

チャイムが鳴って、郵便配達から、それを受け取った。

差出人の覚えは無かった。

<友見より>

裏書には、そう記されていた。

私は買い物に出かけている妻の携帯に連絡を取った。

「友見って人知ってる?」
「知らない」

あて先は、私の名前だ。
しばらく考えてから、その包みを開けた。

包みの中には、<ほととぎすクレヨン>だけがあった。
他には、なにも入っていない。

<ほととぎすクレヨン>には、<ほととぎすクレヨン>と印刷されていた。
ホトトギスのイラスト(多分)が添えてある。

私は<ほととぎすクレヨン>をテーブルの上に置いたまま、しばらく腕組みをして考えていたが、何一つ考えが、まとまらない。

仕方無く、床に置いてあった、飲みかけのワインのコルクを抜いてグラスに注いだ。
<ほととぎすクレヨン>を眺めながらワインを飲んだ。

<ほととぎすクレヨン>は、そこにはあるが、そこにあるだけだった。

「<そこにはあるが、そこにあるだけ>と言うのは、なかなか趣きがありますな」
私は、ひとりごとを言いながらワインを飲んだ。

それから<ほととぎすクレヨン>を耳に当てて、何か音がしないか聞いてみた。
無音だった。

でも、冷たくて心地よかった。
【関連する記事】
posted by sand at 04:40| 超短編小説・Rotters' Club | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。