2005年03月11日

鷲尾いさ子ミステリー

鷲尾いさ子.jpg

鷲尾いさ子は、美しい。
限りなく美しい。
私が、もし布施明だったら「君はバラより美しい〜〜!!」と眼の血管をブックリ膨らませて熱唱してしまいたい!ツバを飛ばして叫びたい!朗々と、はちきれんほどの声量で歌い上げたい!
ただし、マイクは胸の位置。

そんなファンであるならば、女検事霞夕子シリーズは、まったくもって見逃す事が出来ません。
共演の斉藤洋介も村田雄浩も味のある演技で定評があります。

しか〜〜し、このミステリーの主役は、やはり鷲尾いさ子。と言うより鷲尾いさ子自身がミステリーだ。

ロボコップ級のエレクトリックな演技と評したい。ジョン・フォックスのメタル・ビートを思わせるサイバーテクノな演技とも評したい。
台詞が全て、テクノデリックなラップ調なのが、事件に生きる女のクールなロンリネスを引き出している。
一度、交通事故に会って記憶を全て無くし、長い闘病生活と身内の献身的な看護の末、奇跡的に職場復帰して失った記憶を少しづつ取り戻しながら法廷で熱弁を振るっている。と言った複雑な過去を背負った女検事を演じているように深読み出来る所が良い。

ちょっと鼻にかかった蓄膿症気味のボイスも何ともセクシーだ。

そして、あの富士額。おお、あの富士額は、どんなお手入れをしているのでしょう?
そんな素朴な疑問さえ湧いてくる見事な額です。
「富士額」と言う名の機関誌が発行されているのなら絶対表紙になっているでしょう。

そんな訳で何をやってもムチャクチャ好きなのです。仲村トオル御主人もカッコ良いから許そう。
いいな〜美男美女の夫婦って。この夫婦だけは別れないで欲しいですね。
posted by sand at 14:25| コラム・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。