2006年09月13日

ホッケ風が吹く頃に

ホッテピ.jpg

 さてホッケだ。
秋となり『さてホッケ』と言うのは、まず間違いない。どこに出しても可笑しくはない。

 ではでは、どの秋だ?
君は僕に問いかける。「あ、そんな、つまんない事聞きませんよ」とか君は一歩前に出て異議を唱えるかもしれない。
「あ、そこ入らないで。僕の領域だから」などと僕は問題提起を丸ごと却下したりする。

 ではではでは、どの秋だ?
それは風の秋だ。快晴の秋では、まだ「浅い」。薄曇りの秋では「深すぎる」。
それで君は風の秋を待つ。緩やかに庭木が波打つ程なら好都合。
僕らは、それを便宜的に「ホッケ風」と呼ぶ。便宜的だが仕方ない。
 そうそう、物事を噛み砕いて理解しようにも、僕らの奥歯はガタガタなのだ。

 時刻を、どうするね?
君は頬を染めて聞くかもしれない。「あ、そうじゃなくて、高血圧で顔が赤いんです」とか君は内科の診断書を提示しながら異議を唱えるかもしれない。
「僕だって寒い時は、耳が赤くなりますよ!」などど僕は持ち前の負けん気で問題を摩り替えたりする。

 ではでは、時刻を、どうするね?
それはヒッソリと夕日が忍び寄る夕暮れ時だ。
朝は、いかにも無粋な気がする。昼は、これすなわち野暮と言える。では深夜ともなると、いささか物悲しい。

 それでは『ホッケ風』が吹き抜ける『風の秋』。ヒッソリと夕日が忍び寄る夕暮れ時。君は縁側に七輪を持ち出そう。

 脂のタップリのったホッケを網焼にする。練炭がツンとした煙を上げる。ケホケホと君は咳き込みながらウチワで火をおこす。
ジュージューと脂が弾ける。ホッケの表面にジワジワと旨みの気泡が沸き上がる。
 ちょっと箸でつついてみたら?
君は恐る恐る箸をホッケに差し伸べる。ブニニ!のおお〜〜思いがけぬ程の手応え。君は震える声で感想を漏らす「詰まっている!手応えを感じます!僕は核心へと核心へと徒党を組んで行進しているようです!構え右!小隊長殿に敬礼!心の中にズンドコと鳴り響く果敢なるマーチのリズム!」

 ま、それは良いとして飯は炊けたかね?

めひ.jpg
ぬおおお〜盛り上がっています。どんぶり茶碗にコンモリと盛りあがる大粒の飯。まるで粒、粒、粒(意味不明)

 で、ジャガイモとキャベツの味噌汁の首尾はどうじゃ?

じゃがみそ.jpg
ぬおおおおお〜。ホコホコととろけ出しそうなジャガイモにシャキシャキしたキャベツの歯応えが溜まらん!むしゃぶり付きそうです!(やめろ)

 さて、それからだ。酒・小鉢・場合によってはオカズをもう一品。君はだ!君は、そんなフラチな事を考えているのか!「いや、何も言ってませんよ。じゃ、ないだろ!」「あなたが勝手に言ってるだけじゃないですか。じゃ、ないんだよ!」
「こんな物!こんな物!捨ててしまえ!こうして放り投げちゃう!こうしてやる!こうしてやる!」
「あ、何するんですか。勿体無いでしょ。じゃ、ないんだよ!!……大丈夫、後で拾うから」

 この3品だけで充分なのだ。今に君にも分かるよ。きっと分かる時が来るよ。
ま、僕も厳しすぎたかな。少し反省しているよ。「なんて心の広い方なんでしょう」とか君は思っているね。「思ってませんよ。じゃ。ないよ。思えよ〜〜うひひ」

 寛大な僕が君にちょっとしたアイディアを授けよう。
『ホッケ+ご飯+ジャガイモ味噌汁』この黄金の三兄弟をシッカリと纏め上げる逸材は?
 それはね。麦茶なんだよ。それも熱々の麦茶。

ちゃ.jpg

 どうだね。美味しいだろう?感激しているね。おやおや。泣いちゃった。ま〜ま〜純だね〜。うんうん。分かる分かる。思いっきり泣きなさい。
 何?何か言いたいの?あ、オチでしょ?オチ言うんでしょ?もう、そんな場面だしね。どうぞ。どうぞ。言ってみて。

「なになに?この魚、美味しすぎて、また皮被っちゃいました?……それ包茎だから!ホッケじゃなくて包茎だから!!!」

 このオチじゃなにだ。許しては貰えないよ。じゃ、さっさと帰ろうかね。


posted by sand at 17:02| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム・食い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも〜。

ホッケ!ある意味飲み会の象徴です。

何人かで居酒屋に入った時に最初のオーダーで誰かがとりあえず注文し、随時みんながちょっとずつつつきながらも、結局最後まで卓に居座ってるヤツ。

でも、私は海産物アレルギーなので、ソレに参戦できず、長年憧れてる酒の肴なんです。

ホッケに憧れながら、自分ではホッケを注文する資格のない私は、ソレに代わる対抗馬として「梅キュウ」あたりを頼んだりするんだケド、やっぱりホッケの佇まいには及ばないんですよねぇ。(苦笑)
Posted by PTR at 2006年09月14日 18:37
まいどです。
ホッケは確かに飲み屋で頼むと邪魔ですね〜
あれは、やたら皿がデカイし、その割に地味でソッケないし。皿が並び出すと「そのホッケ邪魔だから下に下ろしといて」とか言われて、そのまま気付かず忘れ去られたりしますね。

 あれ冷めると硬くて食えたもんじゃないしね。一人で食うには皿が大きすぎて、なんか心苦しい。欲深く思われるしね。ホッケは、やっぱりワッセワッセと一気食いしたい魚ですね。逆にチビチビ食いたいのは鯖味噌ですね。
う〜〜む。鯖味噌にも一言述べたい。鯖味噌をアカデミックに食べる食事法を語りたい(やめとけ)

>私は海産物アレルギー

え〜そうなんですか。刺身とか食べそうですけどね。歳取ると海産物とかゴーヤとかが美味くなりますね。硬いのは嫌だな。スルメとか。

>「梅キュウ」

う〜〜む。渋〜。あ、ちょっと食いたくなってきた。キュウリないか冷蔵庫覗いてこよう(只今、ビール飲んでます。腹が出てきたのでダイエット・ビールです。美味くないけど飲めれば何でも良い)
『モロキュウ』はさらに激渋ですね。『ヌタ』とかもありますね。『ヌタ』食ってたら女の子にモテないでしょ。
美味しいのにな〜
Posted by sand at 2006年09月15日 16:45
台風大丈夫でしょうか?
こっちも台風の影響で、昨日から怪しげな天気です。

で、ホッケのとらえ方が違うんですね。(笑)

居酒屋でだんだんつまみがなくなってきて、追加したつまみが届くまでの間に微妙なタイムラグが生じるじゃないですか。
その時にみんなでとりあえず残ったホッケをつついて繋ぐんですよ。
ホッケはそういう重要な役割を果たしてます。
で、私はソレに参戦できないと。(泣)

ゴーヤは修学旅行で何度か沖縄に行くうちに相当好きになりました。泡盛も同じ。

あと、もちろんモロキュウも好きなんですよ。
でも、居酒屋でいきなりモロキュウと梅キュウを同時に頼むのもなんなので、時間差つけて注文してます。
家ではチューブ入りの練り梅が出しやすいから、もっぱら梅キュウばかりですが。
Posted by PTR at 2006年09月18日 05:49
こんちは。遅れてすいません。何箇所か被害が出たので業者に見積もりしてもらってました。
20万以上だと保険が出るんだけど、3万くらいしかかからないようです(それはそれで良かった?)

>とりあえず残ったホッケをつついて繋ぐんですよ

こりゃしみったれて美味くないでしょ(^O^)
そういう時はキャベツがあると良いですね。あと食い終わった焼き鳥の串をしゃぶるとかね。

>ゴーヤは修学旅行で何度か沖縄に行くうちに相当好きになりました

ゴーヤは美味いですね!昨日も食べました。苦味が美味い。これに気がつくまで40年かかりました。
泡盛は、ほとんど飲まないですね。こんど飲んでみましょう。

>モロキュウと梅キュウを同時に頼むのもなんなので、時間差つけて注文してます。

寿司屋でイカとゲソを一緒に頼むのと同じですね(違うか)
私は冷奴と揚げだし豆腐を時間差で注文してましたね。あ〜食いたくなった。

>チューブ入りの練り梅

お〜なんか懐かしい。最近見てなかった。ウチの薬味は柚子胡椒が主流です。
餃子に合うんですよ。辛子より柚子胡椒。あと豚汁にも合います柚子胡椒。
柚子胡椒の魔力にメロメロです。
Posted by sand at 2006年09月20日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。