2006年10月28日

October Project(金木犀)

OCTOBER PROJECT.jpg??¨??±??±.jpg
October Project / October Project

 「パパ。アイちゃん、先に登るね」
アイは石の階段に足をかけていた。

 アイは、その頃6才くらいだったかな?少しお姉さんらしくなっていた。
私と妻はアミの手を握っていた。アミは4才くらいで、まだ階段は無理だったと思う。

 我々家族は、山間の神社を目指していた。10月の朗らかな陽気の休日で、少し肌寒くなった風を身体に感じていた。

 「いいよ。アイ。転ばない様にね」私はアイに言った。我々の前には石造りの階段が山頂へと続いていた。アイは嬉しそうに階段を駆け登り始めた。

「あ、アイ。神社には金木犀が咲いてるよ。黄色くて良い匂いがするよ」私はアイの後姿に声をかけた。
アイは立ち止まって振り返り「黄色い花ね」と嬉しそうに笑った。

「もう10月だから金木犀は咲いて無いよ」妻が後から話しに加わった。
「そうか。もう咲いてないんだって。パパが間違えたよ」私はアイに謝った。

 アイは少し寂しそうな顔で、うなずくと、向き直って階段を登って行った。

 私と妻はアミの手を引いて、ゆっくりと階段を登った。
その頃の我々は、もう叩いても埃さえ出ないほど、金銭的に追い詰められていた。
店の売上は月を追うごとに落ちていた。借金は次々と重ねられ、身動き取れない状態になっていたのだ。

 私は追い詰められていた。すべて私の撒いた種だ。どうやって妻や子供達に責任を取れば良いのか?私の脳裏には『離婚』の文字が幾度となくチラついていた。
 妻は不安そうに私の横顔を覗き見ていた。でも、かける言葉が見つからない。

 私は間違ったのだ。取り返しが付かない間違いを犯した…

「パパ〜! パパは間違ってないよ〜! 間違ってないよ〜!」
 突然、大きな声が響き渡った。
私は、その声に飛び上がった。声は山頂から響いてきた。
 
 アイが山頂から叫んでいる。
「黄色い花が咲いてるよ〜!と〜ても良い匂いがするよ〜!」

 アイは山頂でキャッキャッと、はしゃぎながら「早く、おいで」と我々を急かせた。
 私と妻はアミを抱いて階段を駆け上がった。妻は私の方を向いてニコニコ笑いながら言った。
「やれる事しか出来ないよ! やれる事をやろうよ! それしか出来ないんだよ!」
 私には、まだ家族の明るさが残されていた。

 山頂に着くと境内の脇に、金木犀の花が咲き誇っていた。
花の周りをアイが跳ね回っている。甘い匂いが漂って来て、我々をトロリと包み込んだ。

 私は横にいる妻の肩を抱き寄せて、一生この瞬間を忘れない。と心に誓った。



☆寂しい男の話しは気が滅入るので、新しく『安穏シリーズ』始めました。
かなりベタな展開で、アレでした。


posted by sand at 12:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 超短編小説C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの娘も誕生日が10月28日なんです。
ですんで、当日書き込みに来たんですが、なぜか書き込めませんでした〜
本日再トライであります。
Posted by ring-rie at 2006年10月30日 15:55
すみません、間違えました。イタズラとかそんなんでなくて、全く勘違いです↑不注意ですみません。またパソコントラブルと思いまして〜。

ちゃんと誕生日のスレッドのほうにお返事頂き、ありがとうございました。

それと、これ、「ベタ」な話とは思いませんでした。あまりあれこれ意見を書くべきではないと思いますが、「救い」のある話は、前にも読ませてもらってますし、またそういうものも読みたいです。
スレッド間違いのついでに書いたみたいになっちゃったんで、失礼かもしれないですけど、ちょっと書かせてもらいました。
おさまり悪かったら削除してください。
すみません。
Posted by ring-rie at 2006年10月30日 16:31
ドアホ〜〜!
間違えてやんの!い〜〜!(^O^)

ま、気がついて、よろしゅうございました。
『のだめカンタービレ』観てね。

感想ありがとうございました。とても嬉しいです。あまり感想を求めている訳でもないんですが(基本的に恥ずかしい事ですから)コメントあったら、やっぱり嬉しいです。でも無くても良いのです(どっちやねん)

ま、金のかから無い趣味なんで、暇がある時だけお付き合い下さい。自分が飽きないように、毎回違う感じになるように書こうと思ってるけど、最近マンネリかな?マンネリでも自分的にはOKなんです。
良いのが出来たと思ったら、アマチュア小説会に投稿したりしています。

そういう趣味が一つあって、他の趣味もあって、仕事があって、家族がいて、そんなんで私は良いな〜。それ以上は、いらないな〜とか思っています。またヨロシク。
Posted by sand at 2006年10月30日 16:54
いいじゃんいいじゃん!

>そういう趣味が一つあって、他の趣味もあって、仕事があって、家族がいて、そんなんで私は良いな〜。それ以上は、いらないな〜とか思っています。またヨロシク。

・・・私も、2つBLOGやってるけど、皆過剰な期待しすぎなんだよね!趣味だもん!だから2つやってられるし・・・
プロじゃないぞ===って思うよ。
Posted by evergreen at 2006年10月30日 20:48
まいど。遅れました。面倒事が多いですな。

>私も、2つBLOGやってるけど、皆過剰な期待しすぎなんだよね!

どちらも素晴らしい仕事じゃないですか。感心しますよ。ホントに。私は気紛れなので毎日は無理ですね。ストレスで死んじゃう。
真剣にやられているので期待もされるし、ファンも多いし。BLOGとしては第一級だと思いますよ。もちろん大変な事も多いでしょうが…。

ま、良い仕事を今後も拝見させて頂きます。
Posted by sand at 2006年11月02日 15:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。