2006年11月03日

リベロのYoshimi姫

Yoshimi Battles the Pink Robot.jpg
The Flaming Lips / Yoshimi Battles the Pink Robots

 本日は日本女子バレーがケニアに勝って嬉しい。かおる姫は鼻息でテーブルの上の資料が舞い上がるほど綺麗でした。

 それ以外は良い事がない。考えれば考えるほど、胃が痛む。今日は何回溜息を付いたのでしょう?自分では手におえない事情という猛者に人間と言うのは、ドツキ回されて生きているのだな〜。いつになったら肩の荷を下ろせるんだろうか?などと…傷が入って音飛びするCDのように、同じ場所を繰り返し再生しているような毎日なのであります。

 こんな夜に何か1曲かけてもらえますか?ねぇマスター。
それで、Yoshimi Battles the Pink Robots Pt.1。ちょいと脱力で、ちょいとアンニュイで、ちょいと泣けまして、ちょいと滑稽なり。
 Flaming LipsはITORUさんから教えて貰った。新しいバンド(このバンドのキャリアは長いけど)に特に興味は無いんだけど。良いなら聴きますわ。つまんない男だもの。

 秋の夜は長いね〜。でも、この1曲だけで良いですわ。鈴虫も泣いてるし。


posted by sand at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フレーミングリップスって同い年ぐらいかな?これでは、DO YOU REALIZE?もいい曲です。でも、つたない日本語でうたうヴァージョンも何かぎこちなくて切なくて好きですね。
Posted by ITORU at 2006年11月05日 08:01
まいど。

>Do You Realize

良いですね〜。フィル・スペクターっぽいですかね。これも、ちょっと泣けますね。

日本語バージョンは聴いたことないですよ。
こんど探してみます。

新しいバンドは弟からも教えてもらうんですが、いつも名前を忘れてしまう。時々弟から新目のバンドのCDRを貰えるんで重宝しています。

また教えて下さい。
Posted by sand at 2006年11月05日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。