2006年11月16日

図書館で会った文字(I'm Yore Toy)

Farther Along.jpg
The Flying Burrito Brothers / Farther Along: Best Of The Flying Burrito Brothers

 その頃、私が通っていた図書館は海岸へと続く坂の途中にあった。

 80年代の中頃。私は海岸線に面して建っている小さな図書館に通っていた。そこは、区の市民センターに併設された図書館だった。
 授業が早く終わった日やバイトが休みの日には、決まって、そこを訪れた。住んでいた下宿から小高い丘を越えると湾が一望に見渡せる坂道に出た。自転車に乗って、その坂道を滑るように降りる途中、ガラス張りの清潔な建物が見えた。
 私は、その図書館の有りようが気に入っていた。自転車置き場に駐輪した後、しばらく、そこに立って海を見渡した。風がうねる音が耳に飛び込んできて、磯の香りが鼻を刺激した。

 ロビーを抜けて、図書館に入ると、学生よりも老人や子供連れの主婦の姿が目立った。図書館と呼ぶには、あまりにも小さ過ぎて、近くに住む市民達の憩いの場と言った方が適当かもしれない。
それでも海外文学の蔵書が、かなり揃えられていた。

 その頃の私は、アメリカ文学を読み漁っている時期だった。

マーク・トウェイン、ジョン・アーヴィング、リチャード・ブローティガン、ジョン・アップダイク、トルーマン・カポーティ、レイ・ブラッドベリ、アーウィン・ショー、J・D・サリンジャー、レイモンド・チャンドラー、スコット・フィッツジェラルド、ウィリアム・フォークナー、ジョン・スタインベック、そして、アーネスト・ヘミングウェイなどなど…。


★不評だった『甘酸っぱい』シリーズ第2弾(書く人は好きみたい)。今回のテーマは『図書館』
オチまで考えたけど、あまり面白くないと思います…。ボチボチ書きますので、お時間のある方だけ。


posted by sand at 18:05 | TrackBack(2) | 超短編小説C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

ティファニーで朝食を
Excerpt: オードリー・ヘップバーン主演の映画「ティファニーで朝食を」はとても有名だけど、小
Weblog: お洒落な人の本棚
Tracked: 2006-11-16 23:17

プルーストの部屋〈下〉―『失われた時を求
Excerpt: I'd want to come back a buzzard: ...・ウィリアム・フォークナー・ウィリアム・フォークナー『アブサロム、アブサロム!
Weblog: ちさとのblog
Tracked: 2007-10-05 09:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。