2006年12月11日

悲しき天使

Mary Hopkin.jpg
Mary Hopkin / Post Card

 まいど。そろそろ連続小ネタ更新も終わりにしようか(飽きてきた。その前に飽きられてる)。ようやく売上が伸びて来ました。良かった。野菜も安いし。このまま年末まで行って欲しいね。年末恒例雑用も増えてきたし。ボチボチ頑張りましょう。

 年末だし今年書いたのを手直しして何箇所かに投稿する予定。駄文ですね。ま、区切りなので良いかなってところで。良い結果が出たらお知らせします。悪い結果だと黙っています。今年も一杯書いたけど、良いと思えるのは4〜5本くらいしかなさそう。難しいですね。そこが面白い所でもあるけど。ま、趣味の範囲で楽しみます。読んでいただけたなら、ホントに、まったく、心から、ありがとさん!

 本日はメリー・ホプキン。色気が無いのが良いのかな。なんか無味乾燥だけど、セロリみたいに独特のサッパリした味がしますね。良く分からん女の人だな。では、明日から休み休みになります。


posted by sand at 19:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜ん。どうして?!私、次のネタは「悲しき天使」にしようと思ってたんですよ。ただし、日本語バージョンのやつね。
♪木枯らしの街をゆく 独りぼっちのわたし〜♪
ってやつ。森山良子だったか。奥村チヨだったか。
メリー・ホプキンのほうはさすがにリアルタイムでは知らなかったのでネットで調べたんですよ。sandさんのためじゃないよ。(←言わなくても良い)
そしてこの歌が元はロシア民謡で、ジプシーソングになって、パブで歌われて、最終的にプロデューサーがポール・マッカートニーだということを知りました。
ちぇっ。ネタ全部使っちまったぜ。(もしかして常識?)
でも親愛なるsandさんのためだから良いわ。さっきと言ってること全然違うけど。疲れてるんです。
sandさんもこんなコメントの返事要らないよ〜ん。じゃバハハ〜イ。
Posted by ショコポチ at 2006年12月11日 20:10
まいど。今コメント読みましたが、何書いてるのかサッパリ分かりません。
ですから、ご自分のブログに丁寧に分かりやすく書いてくださいね。お待ちしています。

ポールの『I Will』の記事は良かったですよ。タイミング外してコメント出来なかったけど。
私、どっちかと言うと『ジュリア』が好きですねん。
では更新してくださいよ。獣のように(^_^;)
Posted by sand at 2006年12月12日 11:01
またヘンな時間に起きています。
sandさんは起きているだろうなあ。

奥村チヨが「悲しき天使」を歌っていたんですかね?
そのヴァージョンは知らないです。残念ながらリアルタイム体験者ですけど。
英国トラッド風というより、チンドン屋楽器の音が頭に浮かぶんだけど、オリジナルはどんなんだったのかなあ。
記憶に、森山良子ヴァージョンが重なってるらしいです。
今度ショコポチさんに解説してもらおうっと。

アップル・レーベルって、彼女とバッドフィンガー以外に、新人で何か売れたっけ?
これはsandさんに解説してもらおうっと。
(いえ、単なる希望ですから、無視して頂いて結構です)
Posted by ring-rie at 2006年12月13日 04:01
>またヘンな時間に起きています。

変な女。私、仕事してます。

>残念ながらリアルタイム体験者ですけど。

まことに残念。

>チンドン屋楽器の音が頭に浮かぶんだけど、オリジナルはどんなんだったのかなあ

そうですね。チンドン屋もありですね。中島みゆきの「わかれうた」思い出します。あとはキンクスの「アルコール」とかね。

>アップル・レーベルって、彼女とバッドフィンガー以外に、新人で何か売れたっけ?

ジャッキー・ロマックスとかドリス・トロイ(フロイドの『狂気』で虚空にスキャットしてた)とかビリー・プレストンとか、少しは売れたんじゃないかな。あとエレファント・メモリーとかね。全然売れなかったけど最も有名なのはジェームス・テイラーのデビュー作ですね。『キャロライン・イン・マイ・マインド』とか『サムシング・イン・ジ・ウェイ』とか良い曲が入ってます。地味だけど。
Posted by sand at 2006年12月13日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。