2006年12月27日

言いだせなくて(ティモシーBに)

The Long Run.jpgTimothy B. Schmit.jpg
Eagles / The Long Run

 それはお昼過ぎ。呼鈴に呼ばれて、玄関の扉を開けた。外には誰も立っていない。私は辺りを見回してから首をひねる。諦めて扉を閉じようとすると扉の陰から人の気配がした。
 ポーチに飛び出して覗き込むと、アライグマ男がモジモジと申し訳なさそうに立っていた。『超』が付くほどシャイな人だ。「ああ、ごめんなさい。気がつかなくて」私は彼に向かって御辞儀する。

 アライグマ男は扉の陰から、包装紙に包まれた箱をソロソロと差し出した。
「あ。御歳暮ですか。ありがとうございます。嬉しいな〜。あ、どうです? 中でお茶でも飲まれませんか?」私は気軽に声をかけてみた。
 それを聞いたアライグマ男の顔面は、みるみる赤らんで硬く強張り、次第に身体がプルプルと震え始めた。『おわ! 返事に困ってる。言い出しかねてる!』

「ごめんなさい。誘い方が良くなかった。是非、中に入ってお茶を飲まれて下さい。頼むから飲んで行って下さい!」私は強引にアライグマ男を室内に招き入れた。
「ふーっ」と深い溜息を付いて、アライグマ男はホッとした表情を浮かべた。『どうやら安心したようだ』私も心の中で溜息をつく。

 私はアライグマ男をリビングのソファまで案内し「どうぞ。おかけ下さい。今、コーヒーを入れてまいりますので」そう言い残してキッチンでコーヒーの準備を始めた。コーヒーカップを並べながら、ふとリビングに目をやるとアライグマ男がソファの前でプルプルと震えていた。
『おわ! 迷ってる。どこに座れば良いのか決めかねてる!』

「ああ〜ごめんなさい。ここ。ここに座って下さい。そうそう。そこです。どうぞリラックして下さい。自由にして下さい。……あ、具体的な方が良いですね。窓の外、眺めても良いですよ。足を伸ばしたりしても良いです。背もたれに、もたれかかっても結構です。それから。それから。……あ! 雑誌。雑誌、読まれても良いですよ。どうぞ。どうぞ。リラックス。リラックスして」アライグマ男は私の手渡した雑誌を開いて目を落とした。私はそれを見届けてからキッチンに戻ろうとしたが、言い忘れた事を思い出して途中で立ち止まった。
「ページ。めくって下さいね」

 ソファに腰掛けたアライグマ男は穏やかな表情で、コーヒーをすすっている。私は、そんな彼の表情をニコニコしながら見守っている。私はアライグマ男と一緒にいると心が洗われる思いがした。彼に会えて良かった。一生の友人だ。
 しばらくアライグマ男の顔を眺めていると、ある人の顔と声が浮かんだ。

 私はレコードラックに近寄って、滅多に聴かないイーグルスのアルバムを引っ張り出した。このアルバムはティモシーBの為にある。彼が主役だ。最も地味な男の為にある。私はティモシーBの声を目がけてレコード針を落とす。やがて響き渡るウットリするような甘い声。
 私は大いに満足してソファの方を振り返ると、アライグマ男が口に手を当ててプルプルと震えていた。
『おわ! 何だ? 何をしたいんだろう? 何を言い出しかねてるのか?』

 私はアライグマ男に近寄ると矢継ぎ早に質問を繰り出した。
「くしゃみ? ハクション?」アライグマ男は首を横に振った。
「せき? ゴホン、ゴホン?」アライグマ男は首を横に振った。
「げっぷ? ゲボッとか?」アライグマ男は首を横に振った。
「何々? わからない。何でもOKです。何でも解放して! 何でも送り出して!」
私がそう言うと、アライグマ男は溜まらず口から手を離して、震えながら言葉を発した。
「のあああああ〜〜あああ」
「なるほど。眠くなったんですね」アクビだった。

 私はキッチンのテーブルに腰掛けて窓の外を眺めている。外の景色は、次第に夕闇に飲み込まれていく。だが室内にはティモシーBの、ほのかな灯りのような声が満ちている。それにアライグマ男の寝息も聞こえる。

 私はソファで横になって眠っているアライグマ男に、ある言葉を言い出しかねていた。その言葉は私の舌の上でコロコロと転がり続けている。私はその一時を名残惜しむように、その言葉を言い出せなかった。
「そろそろ帰る時刻ですよ」と。

この記事へのコメント
暮れにふさわしい良いお話で良かった。アライグマ男、本当に可愛いなあ〜。バニーボーイと同じぐらい可愛いですよ(^o^)
今年もお世話になりました。来年も懲りずによろしく。
良いお年を。
Posted by ショコポチ at 2006年12月27日 23:01
いいですねー、アライグマ男。
純粋さにほのぼのしてきます。
あらかたクマみたいな男、だったら僕の周りにもいるんですが(しまった、ダジャレだ)。
Posted by 貴 at 2006年12月28日 01:37
ショコポチさん

今年もお世話になりました。大変みたいだけど頑張って下さいね。
来年も宜しく。可愛がってくださいね。私を(^O^)

では、いつも駄文を読んで頂いて、有難う御座いました。良い御年を。

貴さん

今年はいろいろ御世話になりました。リンクに参加させていただいたり、超短編会に引っ張って貰ったり、おかげで例年より楽しく読んだり書いたりする事が出来ました。本当に有難う御座いました。
来年も宜しくお願いします。貴さんの活躍(超短編会以外での投稿も)拝見していますよ。やたら上手いですよね。驚かされます。では、良い御年を。
Posted by sand at 2006年12月28日 19:50
こんばんは。
アライグマ男のお歳暮の中身がとっても気になる私です。
年末のアライグマ男は、わさわさせずやっぱりマイペースなのですね。このとっても微妙〜な間合いが何より愉しいです。
昨日DVDで見たジャームッシュの「ブロークンフラワーズ」も「間」で見せる作品だったなー。

sandさん、今年もお世話になりました。
ここに通うのが楽しみでした。。
よいお年をお迎え下さい。
Posted by 志穂美 at 2006年12月28日 23:24
こんちは。
本日は急遽ウィンドウズXPが必要になった(使ってる給与ソフトがWIN98に対応しなくなった)にので17000円の中古PCを購入しました。キーボードが1050円、マウスが900円。モニタはなし。動けば良いってヤツです。これが、なかなか快適。やはり安物買いは止められません。

>ジャームッシュの「ブロークンフラワーズ」

面白そうですね。この新PC、DVDが観れるので(威張っている!)こんど借りて観て見よう。

駄文いつも読んで頂いて最上級に感謝しています!

では、今年も仰山お世話になりました。ありがとうございます。そちらの画像掲示板も毎日拝見しておりました。志穂美さん素敵だからな〜なんて事を申し上げながら、来年もヨロシク。とっても良いお年を。
Posted by sand at 2006年12月29日 21:02
お久しぶりです。。。
ティモシー君の声が余りに心地良くて、アライグマ男さんは眠っちゃったんですねぇ。。。
(・・・ってあのアルバムにはたった1曲しか入ってないから、ものの3分で寝ちゃったのかな?)

なんでも、「フェアウェルツアー」のDVDにボーナスCDが付いていて、ティモシー君の曲も入ってるそうなんです。。。ズルイなぁ、もうあのDVDは買っちゃったもん。2枚はいらないしぃ・・・
「ヘルフリーゼスオーバー」ならVHSでしか持ってないから、DVDを買いなおしても良いかな?と思ってしまうのですけど。
(ネタ元→http://jwcoco.exblog.jp/6100265/

では、よいお年をお迎え下さいませ。
そして来年も宜しくお願いします。
Posted by おんこち at 2006年12月30日 23:26
まいど。
なんと!チモシさんの新曲ですか?!Do Somethingですか。ヘンリ叔父と共作ですかな。
Farewell Tourの『Love Will Keep Us Alive』は良かったですね〜涙涙涙。
あのツアーのCDも入手したよ。「ヘルフリーゼスオーバー」はVHSで観ただけですね。
グレン兄が「今日は喧嘩は無しだぜ」って場面に痺れました。あん時はフェルダ叔母もいましたね。やはり見ものはジョー坊主のブチ切れでしたが。チモシ姫が、いたいけで泣けました涙涙涙。

ま、そんな所で来年も宜しくね。良いお年を。
Posted by sand at 2006年12月31日 12:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30385754

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。