2007年01月18日

Super Session

kkli.jpg
Al Kooper / Mike Bloomfield / Stephen Stills - Super Session

 去年の暮れからAl Kooperにハマってしまってます。1回ハマると、しつこい性格だからドップリ行きます。それほど好きじゃなかったけど、チビチビ集めていたので聴くものは一杯あるし、これは楽しい。

 名盤の誉れ高い『Super Session』は、20年近く前に買ったけど、全然聴かないで放置していたんですが、ようやく聴く時が来ました。やっぱり凄かった。あの態度のデカイStillsが、ずいぶん控え目なのが時代を忍ばせます。しかしAlとBloomfieldのテンションは凄まじいですね。しかし、ここでのベストトラックは怪しさに包まれたStillsとの『Season of the Witch』ですね。私は。一聴してStillsと分かる独特のコードストロークがこの陰鬱な曲調をビシリと引き締めるのに一役買ってる思うな(オリジナルはドノバン)。そしてAlの洪水のようなオルガン。まさにドラマチックな展開です。それに隠し味的なホーンセクションのアレンジなんかが、意外なほどポップで、Al Kooperの才能を感じさせますね。
 弱い弱いと言われ続けたAlのボーカルですが、ようやく耳に馴染んで気にならなくなりました。

 この映像は『Super Session』収録曲ですが、二人ともやや老けてるので79年ごろかな?この曲『Stop』は、ジミヘン(バンド・オブ・ジプシーズ)やジェイムス・ギャングのヴァージョンもありますが、もちろんこの二人の演奏も秀逸です。

Mike Bloomfield & Al Kooper "Stop" (Super Session)


posted by sand at 19:34| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アル・クーパー、私も大好きです。ただ彼との付き合いは不思議なんです。毎日ずっと聴いていた時期があるかと思うと、突然一切聴きたくなくなったり。20代の頃は、彼の音楽(ロック)には、何か一番大事なものが欠落している、とか生意気なことを言ったりしていたものです。
フェイバリットは、「ニューヨークシティ」です。あのアルバムは何回聴いても心に沁みます。
Posted by nyarome007 at 2007年01月19日 00:50
こんちは。そちらで紹介されていたFlying Machine - Smile A Little Smile For Meって良いですね〜。まったく知らなかったのです。良い曲です。探そう。

アル・クーパー。私も一緒みたいなもんですよ。好きなのか嫌いなのか分からないまま、CDだけは集めてたんですが、あまり聴き込んでいない状態でして。それが去年くらいから急に来ましてね。そういうのは嬉しいですね。なんとも。

>何か一番大事なものが欠落している

ああ。ちょっと分かります。そんな事実際言ってたような気もします。どこかに『逃げ道』が用意されてる気がしてたのかな?ま、今となっては、そんな面も含めて彼らしいと言いますか。どうなんでしょうね。

もちろん私も「ニューヨークシティ」がフェイバリットです。「静かに狂っていく僕」でしたっけ?ビートルズ調のヤツですね。あれなんか美しいですよね。
Posted by sand at 2007年01月19日 20:28
この映像ちょっとおかしい。ギター演奏と手があってない。まぁこれはよくあるパターンだからいいとして、このあと1:39あたりからの映像がそれらしいけど、よくみるとアルの弾いてるオルガンの上に載ってるのはコルグのシンセM1。このシンセが発売されたのは1988年だから、ここでの映像はどれもこれもスーパーセッションとまったく関係ないのかも知れないね。
Posted by TWANG at 2007年01月23日 21:52
サンキュー。サンキュー。さすがやね。
90年以降かもしれませんね。また、教えて下さい〜。
Mike Bloomfield。わいも寝る前に聴いてました。TWANGさんも買ってたライブ盤。Live At the Old Waldorf。これ好きですねん。
バディ・マイルスと組んだ『エレクトリック・フラッグ』も時々聴きますわ。もちろん「フィルモアの奇跡」と「ロステ・テープ」もね。
Posted by sand at 2007年01月24日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。