2007年01月31日

The Smithsのシングルを並べるだけ

 The Smithsの何が好きかと言うと、シングルのジャケットがまず思い浮かぶ。もちろん音の方も聴き込んで来たが、シングルのジャケ写のインパクトが未だに忘れられない。で、中途半端に好きなのだけ。

n[1].jpg
The Boy With a Thorn in His Side
モデルは作家のTruman Capoteです。このジャケ写が一番好き。

sheilatakeabow[1].jpg
Sheila Take a Bow
モデルは、Candy Darling。Andy Warholの1971年の映画「WOMEN IN REVOLT」より。

thisming[1].jpg
This Charming Man
決定的な名曲です。モデルはJean Marais。Cocteauの映画「ORPHEE」より。

まだ一杯あるけど、もう終わろう。

The Smiths - Ask


Smithsで1曲だけと言うと「The Boy With a Thorn in His Side」でも「That Joke Isn't Funny Anymore」でも「Girlfriend in a Coma」でも「This Charming Man」でも「What Difference Does it Make?」でも「Shoplifters Of The World Unite」でも良いけど、「Panic」は外して「Ask」を選ぶのが正しいような気がする。


posted by sand at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。