2007年02月07日

Do No Wrong

ll_[1].jpg
Thirteen Senses / The Invitation

 忙しいですね。新規納品の準備とか確定申告(12日までに終わらしたい)の入力やら。

 娘はずいぶん心配したけど学校に行ってます(保健室で寝てる事が多いみたいだけど)。問題が解決した訳じゃなくて、嫁さんの持病が悪化したから気を使ってるのかも?
 自律神経失調とかパニック障害とか鬱病とか更年期とか、そんな感じでしょうか。
 昔から精神的なプレッシャーに弱い。

 妻は私がいないとダメなんだ。だから私は妻の抱えている何もかもを引き受けると決めた。な〜〜んて力は、私にはありません。ただそばにいて、アタフタしてるだけなんすよね。

 2004年デビューのThirteen Sensesってバンドが良いです。毎度のごとく軟弱な音です。私が好きな音は所謂ROCKって音ではないのだと思う。ROCKになんて、とてもなれない。普通の人間らしい人間になどなれない。まともに生きられない。欠陥だらけ。

 欠陥だらけの家族には、軟弱な音が丁度良い。なんて紹介、この素晴らしいバンドには失礼だよな〜。

Thirteen Senses - Do No Wrong


posted by sand at 19:47| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。聴きましたよ。
柔らかくて、甘くて、懐かしい音です。
このヴォーカルの男の子、なんか、いろんな人に似ている。若い頃のジョン・レノンに似ているかと思ったら、全然違って、瞬間的にトム・クルーズに見えて、でも、これも全く違っていて…

昔、高校の先生が言ってたんですが、こんなふうに「誰かに似ている」ってカテゴライズで人の顔を見るようになるのが、そもそもある程度の年齢に達したってことらしい(笑)感性が劣化しないようにしたいですわ。

それはそうと、私が心配しても仕方ないですが、ちょっと心配ですね。保健室にいい先生がいるのかも知れません。それならかなり希望が持てますね。
周囲にもそういう悩みを持つ人はたくさんいましたが、皆その時期を越えて、それが遠い過去になっています。でも、現在形でそのしんどさを抱えているときには、うまく言葉をかけられませんでした。
何の励ましにもなりませんが、自分の体験で語るなら、やたらダメな時期は勝手に過ぎ、普通にダメな時期、わりと安定する時期へと流れて行くものだと思います。

こんなこと書くよりも、静観するほうがずっといいのかも知れませんが、おせっかいな自分が、書け、書けと囁くので書き込みます。
どうぞ聞き流してください。
Posted by ring-rie at 2007年02月07日 22:42
どうも、どうもコメントありがとうございます。
励ましのお言葉感謝です。ショコポチさんからも激励のメール頂いてました(さっき気が付いた)

娘の件は長くなったので文末に。

>「誰かに似ている」ってカテゴライズで人の顔を見るようになる

なるほど。死期が近いと。うひひ。

>やたらダメな時期は勝手に過ぎ、普通にダメな時期、わりと安定する時期へと流れて行くものだと思います

ありがとう。良い言葉ですね。

子供の事は強烈に効きますね〜。そうとう悩みました。今も悩んでるけど。
嫁さんも安定剤2種類飲んで安定してきたみたい。親が考えても何の解決にもならない。と中学生のお姉ちゃんから言われますが、なかなかそうは行きません。今回もお姉ちゃんが良いアドバイスを出してくれたみたい。持つべきものは親より兄弟なのかも?

以下、下の娘の事です。長いから暇な時にでも。


保健室に良い先生はいませんね。この学年の先生は、ほとんど機能していません。4年生まで、稀に見る模範的な学年でした。全員優等生なんです。家庭も裕福な家が多い。規律が乱れる事も、提出物が遅れる事もほとんどありませんでした。私たち夫婦も下の娘に手を焼いた事が一度もなかったんです。誰もが感心するほど良く出来た娘でした。
それが5年生になって些細ないざこざから崩壊したんです。あっと言う間にダメになってしまいました。当時の校長以下関わったすべての先生は翌年転勤しました。教育委員会が動いたんですね。

この原因については、いろんな意見があるんですが、とにかく現状は誰かをダーゲットにしたイジメがエスカレートしています。
手がつけられない状況なんですね。なにしろ不良な生徒は一人もいないからです。

「先生もクラスの生徒も全員敵なんだ」と娘は言います。この状況は、この学年全般に蔓延しています。どの親も頭を抱えています。でも有効打は出ないのです。不登校になる子は後を絶ちません。かなりの生徒が私立の中学に進学します。

で、今は娘の番が回ってきたんですね。もう一度。
傷つくのが怖いから、誰かを傷つけていないと不安なのかもしれませんね。

「でも私、逃げないから」と娘は言うので見守っています。いつでも逃げたくなったら言いなさい。絶対、手の触れない場所まで逃がしてやるからと伝えています。

長くなったな〜。病んでますね、私も。
Posted by sand at 2007年02月08日 15:16
書き忘れた。
下の娘は小六なので、もうすぐ終わりです。(娘の部屋には、残りの日数がカウントされている。あと自分に宛てた手紙が隠してあります。「頑張って」って。これが効いた)
ただ、ほとんどの生徒が同じ中学に進学するので、続いて行く訳だけど。

そんな訳で、また進展があったらお知らせします。今回はこれで終わりと言うことで。
Posted by sand at 2007年02月08日 15:33
 かえって目立った子がいる学年の方がやりやすいですね。お利口さんの学年はたちが悪いです。問題がどこにあるかが見えにくくて、でも、問題は着実に進行していて・・。同じことはお利口さんの教師が多いところもいけません。だから、こんなところが意外と見てくれがよかったりします。困ったものです。
 とにかく、憶測に過ぎませんけど、転校も一つの手でしょう。見守るしかできないのは非常に歯がゆいですね。月並みな言い方ですけど、同じ立場の仲間を見つけることなんでしょうけど・・。同じように全員敵と思っている子も他にいるはずですし、昔、信頼できた先生に手紙を書くのも手でしょうし、(公的な機関という手もありますけど、どんなもんでしょう・・・。)
 また、卒業が近くなると何かと学校に行ける機会が増えるので、そんなときに周りの子どもたちの状態とかをしっかり見て、何がいかんのかを見極めるのも大事かと思います。曖昧に不安がいっぱいの状態が一番体によくありません。敵がはっきりわかった方、問題がはっきりわかった方が少しは楽だと思います。もうみんなが敵なら「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」でいくしかありません。
 娘さんの味方だと言うことはちゃんと伝わっているみたいですので、それだけでも心強いでしょうけど・・。
 自分が言えることはそんなもんですので、頑張ってサンドイッチを食べます。店頭に並ぶのを楽しみにしています。
Posted by ITORU at 2007年02月08日 18:48
こんちは。どうもアドバイスありがとうございました。さすがに現役先生短い説明でだいたいの事は把握されたようで。

今日も2時間くらい保健室で過ごしたようです。6人保健室に来ていて全員6年生だったようです。学年崩壊なのかな。

友人は何人かいるようですね。ただ、とても恐れてて娘のそばにいる勇気はないようです。基本的なきっかけはウチにも遊びに来てた仲が良かった子とのトラブルのようなんです。その子が中心になって攻撃していると。ただですね。その子は娘がまだ好きなんですね。必要なんです。だから何度も手を差し出している。だけど娘は、その子を許せないんですね。その子と仲直りするくらいなら一人でいる。と言う事ですね。その子は単体だと娘より弱いんです(また実際、誰からも嫌われてるのは、その子だと思います。娘も好かれてはいないでしょうが)。

で、益々反感を買って攻撃されると、娘はそれに傷ついて益々憎しみを募らせていると。

我々は娘の頑固さに呆れたり感心したりします。でも、いくら信念を持っていても学校生活は苦痛でしかないようです。疲労が著しい。

先生を介入させて良い結果が得られた験しがありません。この学年だと、まず最初に潰されます。

我々のプランは、このまま卒業まで静観して、授業終了後に先生に相談すると、中学のクラス割りは小学校に権限があるようですので。そこで離して貰える様に説得する。

あとは娘自身ですね。彼女にも問題があると思うんです。ただ正直、私には、それが何なのか分からないんです。

どうもアドバイスありがとうございました。学年全体がどうしようもなかったら転校も考えた方が良さそうですね。
Posted by sand at 2007年02月08日 19:23
どうも〜。子どものことはホント効きますよねぇ。
うちは4年の時に大きくでて、毎日親子で泣きながら学校行きました。おかげで9kg痩せました。ダイエット大成功でした。うちの子の学年とカラーが似ていますね。4年生までは先生方から、「癒しの学年」といわれていました。(でも、うちの子が辛くなったのは4年生からですが)それが今では結構キツイ学年になっています。
うちの子は完全に他の子たちとは線を引いています。4年生のあの頃から、友達と遊んだことはありません。修学旅行でもバスの席は一人でした。昼休みの様子を聞くと、植木鉢の世話をして過ごしてるそうです。
今のところ、娘の趣味・嗜好・ペースにつき合える小6はいないだろうと思います。かわいそうな気もしますが、これは彼女自身にある問題でもあるし、一生ついて回るものだから、それを受け入れるしかないと思います。でもその徹底した一匹狼的な姿勢が、何故か孤高の存在になってるようで、誰も仲良くしないけど、攻撃もしないようです。家族が彼女を理解してあげていることが、一番なのかなぁ、と思っています。
 長々とすみませんでした。あんまり、参考にならないかも知れないけど、孤独な小6がここにもいるんで、あんまり気を落とさないでくださいね。
Posted by モグ at 2007年02月09日 14:49
こんちは。モグさんのところも似たタイプでしたね。コメントありがとうございました。

>毎日親子で泣きながら学校行きました

こりゃ辛いですね〜。一人でポツンと教室に立っている姿を想像しただけでダメですね。親バカです。なんとかしてやりたいけど、結局は本人の問題だしね。

>それが今では結構キツイ学年になっています。

お姉ちゃんの学年は派手な子が多くて活発だったのでトラブルも多かったけど、愉快な事も多かったみたいです。下の子の学年は、一様に醒めているんですね。もう、どうでもいいって雰囲気です。

>うちの子は完全に他の子たちとは線を引いています

うん。これもありですね。私も娘を無理に矯正する必要はないと思っています。それが自然ならば、それに従えば良いと。その中で少しずつでも気が付いて欲しいだけですね。
人は一人でも生きられるけど、一人はそんなに良い物じゃないって事かな。

>昼休みの様子を聞くと、植木鉢の世話をして過ごしてるそうです。

ああ。似てますね。ウチの子は1年生のクラスに一人で遊びに行ってるみたいです。「1年生って可愛いんだよ〜」とか言ってます。

>彼女自身にある問題でもあるし、一生ついて回るものだから、それを受け入れるしかないと思います

賛成ですね。別の人間に仕立て上げるより、その人のそのものを受け入れて、他人の10倍でも20倍でも時間がかかったとしても、いつか社会との接点を見出して欲しいですね。それを辛抱強く支援するのが親の役割かもしれませんね。他人との戦いであり、自分との戦いであり、時間との戦いでもあると。焦らない事ですかね。親の方が。

>徹底した一匹狼的な姿勢が、何故か孤高の存在になってるようで、誰も仲良くしないけど、攻撃もしないようです

ロンリーウルフですね。威圧感があるんだ。ROCK的ですね。ジェフ・ベックとか。

>家族が彼女を理解してあげていることが、一番なのかなぁ、と思っています

そうですね。基本中の基本ですが忘れかけていました。ありがとう。

>孤独な小6がここにもいるんで、あんまり気を落とさないでくださいね。

どうも、ありがとう。嬉しいです。本当に泣きそうですよ。辛いですよね。踏ん張り時ですね。どうもです。
Posted by sand at 2007年02月09日 20:31
初めまして・・・こんばんは。 今、あちこちで短編小説を読ませてもらっています。私も育児に忙しい主婦です。ワン・ラヴにじ〜んときました。
こんなに素敵な作品なら、motteco.comに応募しても良いかも。私もこんな作品を書いてみたいです。また、読ませてくださいね。
Posted by マイリ at 2007年02月10日 19:17
はじめまして。読んで頂いて、ありがとうございます。感想とても嬉しいです。

教えて頂いたサイト、面白そうですね。ちょっとだけ覗かせて頂きました。時間がある時にユックリ読ませていただきます。応募も出来るんですね。いつか送ってみます。情報ありがとう。マイリさんの書いた作品もあるのかな?あとで探してみますね。では、またヨロシクお願いします。今月は、なにかと忙しくて更新は多くないと思いますが…。
Posted by sand at 2007年02月11日 04:02
お久しぶりです。
私もこの頃sandさんの小説は置いといて・・・
コッチの問題が気になっていました。(笑)

実はね、ウチは上の男の子は超優等生、頭も天才!誰に似たかというと私なんですが(>。<)、下の女の子が勉強大嫌いで自閉症。で誰に似たかというと私なんですが(>。<)・・・中一で3学期になってから通知表出しに行ったきりいきなり不登校。日曜日には友達が誘いに来ますんで遊ぶ友達はいるんだけど、学校のお勉強が嫌な人。多分他にも行かない理由はあると思う。でも絶対に何が理由かは言いません、黙っています。ですから私も今学校に行かせていませんよ。
それでいいと思ってる。嫌だというものを無理に行かせることないでしょ?決められた事でもできない事は出来ないです。先のことは考えず、今が行きたくないならそのままでいいです。急ぐからよくない。長い人生彼女のために一番楽な方法を選んであげてください。
同じ仲間のいる中学には、私だったら行かせません。行くと言うなら嫌な時は休ませてあげたほうがいいと思います。
いつも思います。真実は何も語られないところにあると。絶対に親であろうと人には言えないことはありますから。それを聞き出そうとしてはいけないと思います。そっとしておきましょう。
何事もなく、つらかったら休んどきな・・・くらいでいいです。と思います。
Posted by 新興宗 教子(絵場 緑) at 2007年02月12日 14:52
まいど。お元気ですか〜♪

>sandさんの小説は置いといて・・・

ちょっと、ちょっと。置いとかないで。
ってのは冗談でコメントありがとさんです。

>上の男の子は超優等生、頭も天才!

おお。凄い。うちの上の娘も頭が良くて、明るくて、クラスの人気者みたいなんですよ。下の子は、お姉ちゃんにコンプレックス持ってるみたいですね。

>中一で3学期になってから通知表出しに行ったきりいきなり不登校

う〜ん。これは、どう言ったらいいのかな。シリアスなのかな。いやはや話を聞けば、みなさん色々あるんですね〜。お話聞かせて頂いて、ありがたいです。

>日曜日には友達が誘いに来ますんで遊ぶ友達はいるんだけど、学校のお勉強が嫌な人。

う〜ん。そんなケースもありますか。どういったらいいんだろう。難しい。

>でも絶対に何が理由かは言いません

なるほど。黙ってるものは分かりませんね。ウチの子は今回は話をするんですよ。5年生のトラブルは一切黙っていました(その学年が終わった後に言ってました)話をするって事は、娘の中で何か変わったのか、もしくは以前より攻撃的な気持ちなのか。我々として良い方向で受け取っています。

>私も今学校に行かせていませんよ。

うん。私も行かないと言うものを無理に行かせる気持ちはありません。
ただ何らかの障害があるのなら、多少なりとも手助けがしたいとは考えています。もちろん限度はあります。何から何まで出来るとは思いません。何もやらない方が良いのかもしれません。でも同じ人間として、同じような苦しみを抱くものとして『何か』出来ないものかと。
その『何か』は正直わかりません。

>急ぐからよくない。長い人生彼女のために一番楽な方法を選んであげてください。

これは、そう感じます。長いスパンで眺めてみる必要がありますね。長い人生の1年や2年は、本当にわずかな期間ですからね。

>同じ仲間のいる中学には、私だったら行かせません。

なるほど。これも一つの考えですね。ウチは今のところ行かせる方向です。まだ時間があるので様子を見て決めます。

>行くと言うなら嫌な時は休ませてあげたほうがいいと思います。

はい。これは、そう考えています。

>真実は何も語られないところにあると。

そうですね。これは納得です。私も親には言えませんでした。

>何事もなく、つらかったら休んどきな・・・くらいでいいです。と思います。

どうもアドバイスありがとうございます。参考にさせていただきます。みなさんとお話して、私の気持ちは楽になりました。私が楽になっても仕方がないけど、とにかく感謝しています。
Posted by sand at 2007年02月12日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。