2005年06月02日

暗黒星の秘密@

トヨタ2000GT.jpg
Four Symbol.jpg

外からクラクションの音が聞こえた。
私立探偵・埼玉ネコは、ベレッタを手にドアを蹴破って外に飛び出すと、相棒のアライグマ男が、愛車トヨタ2000GTを横ずけしている。
「乗れ!車で逃げた。後を追うぞ!」アライグマ男は、怒鳴った。
「OK!相棒。俺をこの世の果てまで連れてってくれ!」埼玉ネコは、叫びながら車に飛び乗った。

トヨタ2000GTは、爆音を上げて通りに飛び出した。
アライグマ男は、アクセルを一杯に踏み込んで焼き切れる寸前でシフト・チェンジした。モウモウと煙が舞い、焼け焦げる匂いが充満した。

海岸沿いの一本道で、敵の車に追い付いた。白のワゴンだった。アライグマ男は、少しづつ敵との距離を詰めた。

その時、タイヤを派手に鳴かせながら交差点を右折した黒いセダンが、後方につけて来た。
後ろを振り返ると男が身を乗りだして銃を構えている。
「撃って来るぞ!」埼玉ネコは、アライグマ男に叫んだ。

トヨタ2000GT.jpg
posted by sand at 02:56| 連作小説・暗黒星の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。