2005年06月09日

正しい人の死に方。あるいは遠い渚にて。

Tracey Thorn.jpg

おばあちゃん昇天間近?企画

<正しい人の死に方>を考える事は<正しい人の生き方>を考えるよりも胸踊る物がある。心安らぐ物がある。

男性だったら「タイプの違う3人のお姉ちゃんの胸をモミモミしながら死にたい」と言い出す人がいるかもしれない。女性だったら「KAT-TUNの赤西くんと亀梨くんの股間をモソモソ撫で回しながら死にたい」とか言い出す人もいるかもしれない。そう言うのは、何と言うか<未練>と言う意味で頂けない。

「オホーツク海の流氷の狭間で、ダイナマイト150トン抱え、トドと一緒に爆死したい」とか言う人もいるかもしれない。そう言うのは元気があって宜しいのですが、死ぬ時までスケールメリットを求めるのは頂けない。

また、ある人は「病院の一室、長年連れ添った妻に手を握られ、窓に映る木蓮の花を見ながら死にたい」なんて言うかもしれない。そう言うのは、とても綺麗なようだけど、ちょっと贅沢。何より苦労をかけた嫁さんに最期を見とってもらうのは心苦しい。

出来るなら一人で、誰にも気づかれないように死にたい。

それは、梅雨の最中シトシトと小雨降り続く、お昼前が宜しかろう。
時刻で言えば、午前11時から11時半までの間、それより早くても遅くても味わいは損なわれてしまう。

彼は庭に面した縁側に腰を下ろしている。
軒下には洗濯物が一面干されて、その隙間、隙間から雨に濡れた草花が覗くようなら好都合。
彼の目の前には、洗ったばかりの<枇杷の実>が籠に盛られている。

枇杷のタ.jpg

<枇杷の実>には粒状の水滴が大量に散りばめられキラキラと輝いている。
彼は丁寧に<枇杷の実>の皮をむき、それにかじりつく。ジュワとした甘酸っぱい果汁が口内に広がっていく。

横に置かれた古いラジカセからトレイシー・ソーンの「遠い渚」が歪んだ音で鳴り響く。

膝に抱いた猫の背中を撫でながら眠るように死んでしまう。

やがて彼の娘が、慌しくやって来る。
「お父さん!買い物に行って来るからね。もうゴロゴロしてないで、たまには散歩にでも行きなさいよ!
あれ?お父さん・・・。
あ〜、ちょっと目を離した隙に、もう死んじゃってる。
お父さん・・・お父さんの人生、アッと言う間に消えちゃいましたよ」

などと言われつつ死にたい。
posted by sand at 04:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 超短編小説@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sandさんこんにちは。いろいろと大変ですね。家族のことは、他人が何を言っても始まらないけど、どうかご自愛ください。

トレイシー・ソーンいいですね。ベン・ワットも好きでした。最初この2人がカップルだって聞いた時は、お似合いすぎて「うっそ〜ん」と思いました。むしろ兄弟って感じかなと。理想的過ぎる組み合わせを見ると、人は嫉妬心を抱くものなのでしょうか。

>「KAT-TUNの赤西くんと亀梨くんの股間をモソモソ撫で回しながら死にたい」

これはないと思いますよ!いや、なかなか魅惑的な提案ではあるんですが(笑)女性の煩悩は、濃くなればなるほど、拡散ではなく収束していくものなのではないでしょうか?ねえタルちゃんおんこちさん…(大失礼)
ちなみに、私は、もこみちが好きです。
Posted by ショコポチ at 2005年06月09日 15:41
季節が夏へと移り変わりつつある時期ですからね…お体にかかる負担が大きい季節なんだと思います。
ウチも先月がわたしのばあちゃんの3回忌で、今月がダンナのおばあちゃんの1周忌でした。
sandさんも、しんどくなってしまわないように、お身体お大事に・・・

>などと言われつつ死にたい。

これが一番贅沢で理想的な往きかたですよ。陽だまりの縁側で猫の重みを腿に感じながら眠るようにポックリと。日本各地には、「参ればポックリ往けるポックリ寺」ってのがありますもんねー(笑)

>女性の煩悩は、濃くなればなるほど、拡散ではなく収束していくものなのではないでしょうか?

そうですよね〜さすがショコポチさんわかってらっしゃる!(身近にこんなサンプルがいるせいかしら?σ(^_^;))
だからといってわたしがレイの股間をモソモソしながら死にたいと思ってるのではないですが(笑)
レイなら尻がいいな…(ボソッ)
Posted by tallulah at 2005年06月09日 19:23
私も今日救急車に乗って94才義父を病院に担ぎ込み、今帰宅しました。(でも何か大丈夫みたいです。)
いろいろ大変ですが、お互い頑張りましょうネ!
皆様の書込み、心がなごみますね〜〜♪
Posted by 志穂美 at 2005年06月10日 02:27
>などと言われつつ死にたい。
あの〜★後が大変そうなのでー。

縁側と庭のあるうち。膝に猫。いいですねぇ・・・(ほぉ。
陽だまりっていうのはなんとも和みますねぇ。

なかなか大変な事が続きますが
気持ちとお体大切になさってください。

>股間をモソモソしながら
できる事なら生きているうちにしたいですぅ〜☆だれの?(赤面。
・・・・・いやん。
Posted by bow at 2005年06月10日 23:49
>何と言うか<未練>と言う意味で頂けない。
↑話は違うんですけど
姑は(キレイ好きな控えめな穏やかなヒトだったのですが)
訳がわからなくなって10年、一度息が止まってしまってから意識がないまま1年近くがんばっていました。生きたかったんだろうか?時々思い返したりします。

ワタシ、最近トシの所為か時々すごく死ぬのが怖いんですよね。
(sandさんよりかなり年上だしなー)
不思議なものですねー。
オトナってそんなこと考えないかと思っていたんだけど。

もう<未練>たっぷりでジタバタ生きてしまおうとか思ったりしてます(汗。
Posted by bow at 2005年06月11日 00:03
ショコポチさん

>どうかご自愛ください。

どうも、ありがとうございます。バタバタしています。もう眠っちゃてるけど死んでいない。
ばあちゃん子でした。クソ頑固で融通がきかないストイックな大正女でした。クソ忌々しくて好きでした。

>ベン・ワットも好きでした。

良いね〜。波の襲ってくるジャケね。ラフトレードでしょ?そうだよ多分。

>「うっそ〜ん」

思っても、そんな「うっそ〜ん」とか言わない。

>女性の煩悩は、濃くなればなるほど、拡散ではなく収束していくものなのではないでしょうか?

もう君達、濃過ぎるから薄まってください。

>ねえタルちゃんおんこちさん

あの2人は煩悩がメラニン沈着を起こしています。
なんだか、とっても目に付く。

>私は、もこみちが好きです。

さすがマスコミ関係、若い子にも目利きですね。っうかドスケベ!
私は小倉優子の良さが分からなくて悩んでいます。

tallulahさん

>お身体お大事に・・・

どうも、ありがとうございます。昨日から梅雨入りしました。雨降り前って身体が重くって頭が痛いです。
タルさんも、そうでしょ?偏頭痛は辛いね。

>「参ればポックリ往けるポックリ寺」ってのがありますもんね

聞いた事ないよ。タルさんは、ポックリからモッコリまで幅広く扱ってらっしゃる。

>レイなら尻がいいな…(ボソッ)

変態!確かに男から見ても先生のヒップは可愛らしい。
先生の尻を眺めていると<すみれの花>が浮かんで来ますね。愛らしいですよね〜。

志穂美さん

>私も今日救急車に乗って94才義父を病院に担ぎ込み、今帰宅しました。

おお。94歳になられますか。って事は大正産まれか。まさか明治かね。
昔の人は身体が丈夫ですね。
志穂美さんも介護が大変そうで。頑張って下さいね!

私は孫に当たるのですが、田舎は本家とか分家とかの制約がありまして、ややこしいです。
ま、やれる事はやってあげたいんですがね。

bowさん

>あの〜★後が大変そうなのでー。

そこの所は業者に頼むでしょう。その費用だけ貯めとこう。トホホ。

>気持ちとお体大切になさってください。

あ、どうもお心遣いありがとうございます。

>できる事なら生きているうちにしたいですぅ〜☆だれの?(赤面。

絶対、赤面とかしてねぇよ。こいつ(^_^;)

>訳がわからなくなって10年、一度息が止まってしまってから意識がないまま1年近くがんばっていました。生きたかったんだろうか?

う〜〜ん。ウチの婆さんもそうなんだろうか?もうダメだって呼ばれて1週間が経過しています。
意識が無くなる前に「死にたいか?死にたくないか?」と聞いたら「痛いから死にたいような。やっぱり死にたくないような」とか答えていました。

最期に見たときの婆さんは、犬のような目をしていました。クルクルして愛らしかった。どういう事なのか分からんけど。

>ワタシ、最近トシの所為か時々すごく死ぬのが怖いんですよね。

なるほどね。そうなの?そんなものなのかな〜?
ちょっと意外。っうか、それが当たり前なのかな。

>もう<未練>たっぷりでジタバタ生きてしまおうとか思ったりしてます。

良いね〜。良いお言葉です。ちょっと感激しました。
そうなんだよね〜。
Posted by sand at 2005年06月11日 02:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。