2005年12月10日

2000 Miles A(It Must Be Christmas Time)

Isle of View.jpgChristmas2.jpg
The Pretenders / Isle of View

レコードを受けとって店の外に出ると、陽は沈み夜の闇が辺りを覆っていた。
クリスマス・イルミネーションは最後の力を振り絞るように、行く当てのない虚構の光りを撒き散らしている。

歩きながら、ふと気がつくとアキコは僕の横にいなかった。
慌てて振り返ると、表通りから路地の方向を眺めて立ち止まっている。

「どうした?」
路地を覗くと、アルバイトでサンタの仮装をした若い男が煙草を吸っている。多分、休憩時間なんだろう。
「知り合い?」僕は聞いた。
「ううん。知らない人よ。私、疲れたサンタクロースって見たかったのよ。」
「確かに疲れているね。時給が気になるわけ?」
「バカね。サンタクロースだって疲れてるって場面を見たかったのよ。」
「サンタが疲れてたら、変かな?」
「サンタって爺さんのくせにタフそうに振舞ってるでしょ?それがね。気に入らなかったのよ」
アキコは、憎々そうな表情をした。
「なるほどね。で、疲れたサンタを見て満足なんだ」僕は言った。
「してやったり。って気分ね。思い上がるのも、これまで。って事よ。」
「思い上がってるのは、どう考えても君の方だよ」僕は言った。
アキコは顔を歪めて、僕の脇腹を肘で突ついてから歩き出した。

アキコは白いコートを羽織っていた。それは、眩しく光輝いて通りを歩く他の女の子とは違って見えた。
白いコートにはイルミネーションの電飾が、赤や青の色彩をステンドグラスのように反射させていた。この場面を、どこかで見たことがある。ハリソン・フォード主演の映画「ブレード・ランナー」。その繁華街の雑踏の場面だ。
あの映画に登場するアンドロイド達のように、僕は「いつわりの心」を抱えているように思えた。
本物の心は、どこにある?それが必要なのかどうかも、分からなかったけれど。

「さて、キタヤマダさん。何か食べる?」アキコは、通りを歩きながら僕に向かって聞いた。
「どこでも良いよ。どうせ、君が決めるんだろ?」僕は返事をした。
「何それ。私がワガママだって聞こえるんだけど」
「そうでしょ?」
「まあね。自己は主張する為にあるものよ」
「主張する場面が多いだろ?」
「手当たり次第って感じかしら」アキコはニッコリ微笑んだ。

「じゃ、いつものモツ鍋屋に行こうか」アキコは、僕に向かって言った。
「良いね。クリスマスの夜なら、どんな主張でも歓迎するよ」僕らは並んで歩き始めた。

あいにく、モツ鍋屋は満席だった。

「ついてないね」僕はアキコに言った。
「クリスマスの予定調和には、魔法が必要なのよ」アキコは、そう言って再び歩き始めた。

僕らは夜の雑踏の中で、行く先を探し続けた。1984年の僕らは、ちょうど、そんな場所にいた。
イルミネーションの光が眩し過ぎて、目が眩んでしまったように、僕らは自分の居場所を見失っていたんだ。


posted by sand at 03:48| Comment(4) | 連作小説・アキコ物(2000 Miles) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 SF映画自体は特に好きでもないんですが、『ブレード・ランナー』はご多分に漏れず大好きです。
 で、DVDも買っちゃってるんですが、この映画ってエンディングが何パターンかあって、ドコで終わるのが正解なのか、もはや判りません。(苦笑)
Posted by PTR at 2005年10月13日 01:50
まいどです。
今日、負けたら、もうダメ(=^▽^=)
勝たせてくれ〜。

>この映画ってエンディングが何パターンかあって、ドコで終わるのが正解なのか、もはや判りません

えー。そうなんですか。コンプリート盤とか出てましたね。最初のビデオをダビングしたのしか持ってない。こんどレンタルしてみよう。
Posted by sand at 2005年10月13日 16:01
おはようございます。喉が痛くて起きました。昨日は洗濯物干すのを忘れた。いつも加湿器代わりに干して寝るんですが。貧乏臭い。
このテンプレート可愛いですね。雪だるまのアンディ?例の難しいサイトの物ですか。seesaaにもクリスマス物ありましたよね。あっちかと思った。ちくしょう、パソは換わっても腕が変わらないことが恨めしいぜ。
1984年のクリスマスは、人生最悪に近い時代でした。…あまり多くを語りたくないぐらい(笑)
白いコートは美人ちゃんの特権ですね。やっぱりsandさんは面食いです(断罪)
Posted by ショコポチ at 2005年12月10日 04:08
>喉が痛くて起きました。

おお。起きたんですか。仕事してたのかと思いました。こりゃまた難儀な時間に起きましたな〜。
あれあれ、これからどうしましょうね〜。
今までショコポチさんは頭が良いわりに子供っぽい所があると思っていましたが、認識不足でした。
慎んで訂正します。「赤ちゃんぽい」が正解でした(^_^;)

>やっぱりsandさんは面食いです(断罪)

はいはい。バブバブ言ってないで、もう寝なさい。
ねんね〜ねんころりん。。

セクハラすれすれのレスはこれまでにして、読んで頂いて、ありがとうございます。1984年の救いのないクリスマスに乾杯!
加湿器かわりに洗濯物がぶら下がった2005年のクリスマスにF××K!
Posted by sand at 2005年12月10日 05:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。