2005年03月06日

ハムを売る人

zappa.jpg ハム.jpg

ハム売りを最初に見たのは、去年の冬だった。
駅から続く商店街の端に、ハム売りの屋台はひっそり開店した。
人通りの少ない通りでは無かったが、商店街からは、ちょっと離れていて、辺鄙な感じは否めなかった。

しかし、その屋台は、美しかった。
ネオンも、まばらな闇の中、明々と灯るスポットに照らされた売台に、色取り取り、さまざまな種類のハムが並んでいた。
恐らく30種以上はあるだろう。ハムの形も様々だが、美しい印刷がなされたラベルには、豊かな国際色が溢れていた。帰宅途中のサラリーマンは、みんな、魔法にでもかかったように、立ち止まって、その屋台に見とれていた。

何もかもが宝石のように美しかった。整然と列をなして並ぶハムの潤い。清潔で気高く。柔軟で優雅。
全てが完璧な美をもって咲き誇っているようだった。

そのハムの園の中に、ハム売りは座っていた。
下を向いて、何かを、ずっと考えているような哲学的な表情だった。
小柄で痩せ型。小さい骨ばった顔に、フランク・ザッパのような鉤鼻が強く印象に残る。薄い眉に小さいが鋭い目。
鼻の下には、薄く鼻髭を蓄えている。唇は、薄く、小さい。

その日は、そのまま帰宅した。なにか小さな興奮の中にいたのを憶えている。

ハムを買ったのは、残業で帰りの遅くなった日だった。
私は、屋台の前に立って、長い時間、ハムに見とれていた。
ハム売りは、全く言葉を発せず(実際、彼は、無口な男だった)、私の選択を、注意深く眺めているだけだった。

私は、ハム売りに声をかけてみた。
「迷うよね。」
ハム売りは、表情を崩さずに言った。
「ハムは生きています。あなたの鼓動と一致するハムを選ばれる事です。」

私は、ハム売りに興味を持った。彼の真剣さに打たれた。

私は、一番、相性の良さそうに感じられたハムを選んで買い求めた。
ハム売りは、一度も笑わなかった。しかし、不快な気分には、ならなかった。むしろ、彼の直向さに心が踊った。

帰宅して、家族の寝静まったシンとした台所でハムをスライスし、ウイスキー(角瓶)を飲んだ。

そのハムは、ジンワリと滑らかで、独特のコクがあった。芳醇な脂質とハリのある肉質。
私はソファに深深と腰を落し、水割りを片手に、そのハムを味わった。

静寂の中でハムを食べていると、次第に、心の揺れを感じていた。
それは、多分、淫らと呼べそうな物だった。
posted by sand at 05:05| 超短編小説・Rotters' Club | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

The Rotters' Club

RottersClub.jpg

ドアの前で待っていた二人の男は、声を揃えて「ようこそ、Rotters' Clubへ」と呼びかけた。

一人の男は、名刺を差し出した。

The Rotters' Club広報部
     友   見


私は、夜勤の仕事を終えて自宅まで帰って来た所だった。午後の3時過ぎ。

友見と言う男は、長身で長く伸ばした髪を後で結んでいる。黒ブチのメガネをかけ、不精髭が目立つが、かなりの男前だった。

もう一人の男は、身長が低く、痩せて皺だらけの冴えない顔をしている。
ひどく落ちつきのない目を、していて、始終キョロキョロと辺りを見まわしている。

「こちらは、坂田さん」友見と言う男は、背の低い男の紹介をした。

「はじめまして。坂田と申します。プリンカフェ「DUKE」のオーナーをやっています」

坂田と呼ばれる男は、物凄い早口で自己紹介をした。

「あなたは怜子と言う女性をご存知でしょうか?うさぎプリンを好む女性です」
坂田と呼ばれる男は、私に、そう聞いてきた。

怜子という女性は知りません」
私は、しばらく考えてから返事をした。

「私は、某大学の研究室でロリポップ猿の研究をしています。」今度は、友見と名乗る男が自己紹介した。

ロリポップ猿ですか・・」私は訳が分からなくなった。

「我々は同志なのです。売れないサンドイッチを延々と作り続ける貴方は、ろくでなしクラブへの参加資格を満たしている事が判明しました。ほととぎすクレヨンは、その挨拶状です」
友見と名乗る男は満面の笑みを浮かべて、そう話た。

「答えは、わかっているはずです。我々は、そこにはあるが、そこにあるだけの存在なのです」友見と名乗る男は、そう言って私の手を握り締めた。
posted by sand at 05:16| 超短編小説・Rotters' Club | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

ほととぎすクレヨン

ホトトギス.jpg クレヨン.jpg

<ほととぎすクレヨン>が届いたのは、木曜日の午後だった。
私は、深夜からの仕事を終え、自宅で本を読んでいた。

チャイムが鳴って、郵便配達から、それを受け取った。

差出人の覚えは無かった。

<友見より>

裏書には、そう記されていた。

私は買い物に出かけている妻の携帯に連絡を取った。

「友見って人知ってる?」
「知らない」

あて先は、私の名前だ。
しばらく考えてから、その包みを開けた。

包みの中には、<ほととぎすクレヨン>だけがあった。
他には、なにも入っていない。

<ほととぎすクレヨン>には、<ほととぎすクレヨン>と印刷されていた。
ホトトギスのイラスト(多分)が添えてある。

私は<ほととぎすクレヨン>をテーブルの上に置いたまま、しばらく腕組みをして考えていたが、何一つ考えが、まとまらない。

仕方無く、床に置いてあった、飲みかけのワインのコルクを抜いてグラスに注いだ。
<ほととぎすクレヨン>を眺めながらワインを飲んだ。

<ほととぎすクレヨン>は、そこにはあるが、そこにあるだけだった。

「<そこにはあるが、そこにあるだけ>と言うのは、なかなか趣きがありますな」
私は、ひとりごとを言いながらワインを飲んだ。

それから<ほととぎすクレヨン>を耳に当てて、何か音がしないか聞いてみた。
無音だった。

でも、冷たくて心地よかった。
posted by sand at 04:40| 超短編小説・Rotters' Club | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。