2010年09月25日

マンモスが食べたい


First Picture of You

First Picture of You

  • アーティスト: Lotus Eaters
  • 出版社/メーカー: Vinyl Japan
  • 発売日: 1998/03/13
  • メディア: CD



★約2年ぶりの超短小説会さんへの投稿です。マイペースで続けて行きたいです。これからもずっと。

 「マンモスが食べたい」袴田君は最後にそう言った。それを最後に彼は消えてしまった。あれから5年になる。5年という隔たりは、世界中に様々な変化をもたらした。望むものも、望まぬものも…。

 狂ったような猛暑の終わりに、彼女は僕に別れを告げた。不意のことだった。予期する事ができなかった。僕はとても無用心に無関心に、その夏を過ごしていた事になる。
「どうして? 何故?」僕は自分自身に、そして彼女に問いかけた。彼女から明確な答えはなかった。答えとは常に漠然としていて、屋根裏に降り積もった埃のようだ。僕はその存在を見落とし続けた。やがてそれは宙を舞い、僕を泣かせた。

 9月になると朝夕は肌寒くなった。僕は会社帰りに夜の街をさ迷っていた。僕はとても孤独で、滑稽なほど落ち込んでいた。ビルの影に切り取られた、月明かりを眺めながら、僕は行き場所を探していた。僕はどこで行き先を見失ってしまったのか、繰り返し繰り返し考え続けた。

 彼女と別れてから僕は頻繁に袴田君を思い出した。彼はどこにいるんだろう? マンモスには会えたのか? 僕は自分自身の行き先を探すように、彼の居場所を捜し求めていた。

 5年前。袴田君とは、ある店舗の出店計画で共に仕事をした。会社は違ったが、彼とは相性が良かった。二人ともそれぞれの会社のやり方に不満を持っているのも僕らを身近にした。とは言っても、僕らが仕事以外の話をしたのは一度きりだった。

 その仕事も山を越え、終わりを迎えようとしていた頃、僕は袴田君と昼食を共にした。彼は僕より二つか三つ年下だったと思う。彼はとても痩せていて、長い手足を窮屈そうにして椅子に腰掛けていた。
 「今の会社辞めようと思うんですよ」昼食の後に僕は切り出した。袴田君は深く頷いていた。彼にも思うところがあるようだ。「袴田さんは? 続けるんですか?」
彼は首を横に振った。「この業界?」僕は聞いてみた。

 袴田君はもう一度首を横に振って答えた。「僕は違う世界に進みますよ。こことは違う世界です」袴田君は目をキラキラと輝かせて、さらにもう一言付け加えた。
「僕はですね。僕はマンモスを食べるんですよ」
僕は彼の言葉を聞いて呆気にとられたが、すぐにそれはジョークだと解釈した。
「やっぱり塩焼きですかね?」僕は笑って返した。彼は下を向いて嬉しそうに微笑んだ。

 その日を境に袴田君と会う事はなかった。しばらくして僕は異業種に転職し、彼との接点はなくなった。それでも僕は袴田君の不思議な言葉が忘れられなかった。その言葉を口にした時の輝く瞳が忘れられなかった。

 9月の街中をさ迷い歩く、僕の足を止めたのは、一人の女性の姿だった。遠くから見てもその女性が特別だと分かった。彼女の美しさは、暗闇に灯されたランプの明かりのように人の心を打った。男たちは一人残らず立ち止まって彼女を眺めた。彼女はすべてを兼ね備えた女性だった。ありとあらゆる魅力をすべて。そして僕もまた彼女の姿を追った。

 彼女は通りに面した古いホテルに姿を消した。僕は引き寄せられるように彼女を追って、ホテルのロビーに足を踏み入れた。彼女はフロントに立って話をしていた。僕は彼女に気付かれぬようにロビーのソファに腰を下ろした。そこに座って彼女を眺めていた。彼女はまるで夢の世界の住人のように淡い光の中にいた。僕はまるで魔法にかかったようだった。

 ぼんやりと彼女を眺めていると、彼女はフロントから離れて僕の方に歩いてきた。それから僕の前で立ち止まり、僕の隣のソファに腰を下ろした。僕は心臓が高鳴り、顔が赤く火照るのを感じていた。声をかけたのは彼女の方からだった。
「どんな味だったと思う?」そう彼女は僕にささやいた。
「え?」僕は驚いて聞き返した。
「マンモスよ」彼女は笑って続けた。

 僕は慌てた。慌てて袴田君の名を呼ぼうとした。
だが、彼女はそれを制するように、こう言った。
「一度、始まってしまった物語には終わりなんてないのよ。誰かがそれを捨て去っても、他の誰かが拾い上げて自分なりの物語を語り始める。物語は決して終わらない。決して滅びることなどないもの」

 彼女はそれだけ言うとエレベーターに乗り込んだ。僕は彼女の後を追うことも、腰を上げることも出来なかった。

 僕はホテルのロビーに座ったまま、新しい何かが始まる瞬間を感じていた。袴田君から受け取った、新しい物語の存在を感じていたのだ。
 僕はそこに座って新しい物語の新しい頁を、今、開こうとしていた。

posted by sand at 13:59| Comment(2) | 超短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

打ち解けない人なので

 ここ何年か仕事の調子が良い。売り上げは年々伸びているし、お金も少し余り気味になってきた。収支を合わせると、確かにちょっとは稼げているようだ。これはもしや成功というものに近づいて来てるのだろうか?と、それはそれで落ち着かない。

 変わったことと言うと時間の使い方が変わったような気がする。無駄な時間を極力カットして仕事を早めに切り上げ、あとはプライベートと区分けをしたりしている。しかし、それはそれで味気ない。効率的というのは「つまんない」ものでもある。

 だからと言って昔に戻る気もない。そのうち自然に変わってしまうかもしれないが、今はこのまま進みたいものだ。相変わらず混沌としたままだけど、少し面白くなってきた。混沌とした未来を思うとワクワクしたりする。勝ち負けとは別に、興味が沸いて来た。この先に何があるのか、ただ、それだけが知りたい。

 少し前は誰かと共有したい物があった。今はそれとは少し違う。それは、なんでしょう?よく分からない。勘違いかも? 結局、どっちでも良いです。気持ちよく騙されていれば良いのです。

 綾瀬はるかさんの「マーガレット」は、めちゃ良い曲です。作詞 松本隆、作曲 呉田軽穂(ユーミン)とのことで、やはり80年代の呪縛は付きまとうのでした。

posted by sand at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

純然たるジャンクを求めたりして

 今日は嫁と言い争いをして、少し凹んだ。
最近は、あまり凹まなくなったので、凹んで良かったと思った。
ちょっと自分に自信がついたのかもしれないが、自信を持ってる(ように見える)人は、苦手だ。そんな人に自分がなったりしませんように。

 善人にも、繊細にも、著名人にも、金持ちにも、そんなになりたい訳ではないけれど、何事か成し遂げたいとは思っている。ただ、その何事とは何なのかが今ひとつ分からない。

 分からないけど、それが「本物」ではないことは確かだ。「こだわり」などとは対極に位置する。自分は自分のことをジャンク品だと思っている。ジャンクではあるが、何事か産み出したい。たぶん、大事なことだと思う。

「純然たるジャンク品」とは、どんな商品なのだろう? 

社会に貢献など、とても出来ないけれど、誰からも褒められたりしないけれど、手に取った瞬間に、それが、それだと分かるのだ。
 それこそが、それだと。一般的には無意味だけどね。

tim buckleyの色あせない輝きとは何なのでしょうね? どうしたら、それを提示できるんでしょうね?
posted by sand at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

新田・新田


アンプラクド〜アコースティック・クラプトン

アンプラクド〜アコースティック・クラプトン

  • アーティスト:Eric Clapton
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1992/09/10
  • メディア: CD



 日曜日の午後に仕事から戻ると、妻が玄関に出てきて、ゴホゴホと咳払いをした。
玄関床には見知らぬ男物のスニーカーがある。『上か? 下か?』僕は無言で親指を上下に動かす。
妻の親指が下を指した。下の娘の男のようだ。

 娘たちのカレシが家に遊びに来るのは嫌ではない。むしろ嬉しい。青春って良いな〜と他人事のように思う。妻は少し心配そうだ。時々用もないのに部屋の様子を窺いに行く。
「悪趣味だよ」僕は言う。「モラルよ」妻は言う。

 僕は風呂に入って、自室で缶ビールを飲む。パソコンでエリック・クラプトンの動画を眺める。日曜日の午後が持つ豊かさを堪能する。

 2階からゴトゴト物音が聞こえた。僕は耳を澄ます。背中がひんやりと凍りつく。僕は焦っている。どう気持ちを整理したら良いのだろう?
 急いで自室を出て、妻の元に駆け寄る。「今、2階で音がしたよ」
「聞こえた」妻は落ち着いてコーヒーを飲んでいる。僕は妻の顔を見て少し落ち着く。
「どんな子?」僕は親指を立てる。
「真面目な子みたいよ。でも愛想が悪いわね。恥ずかしがりや、なんだって」
「へぇ。俺に似てるね」僕は少し嬉しくなる。

「そうね。私もあの子に言ったのよ。お父さんに似てるんじゃない?って」
「そしたら何って言った?」僕は身を乗り出す。娘が何て返事したのか気になる。

「やっぱり父親に似た男を選ぶもんじゃない?って言ったわよ」妻は僕の背中を平手で叩いてカカカと笑った。

 僕は呆然としていた。数秒、気絶していたかもしれない。それから僕は出来るだけ難しい顔をする。腕組みをする。頭を指先でゴシゴシ引っ掻き回す。肩をトントンする。
「民主党は期待外れだね〜」僕は難しい顔をしたまま自室に戻る。唇の隙間から新田・新田が零れ落ちそうになるのを必死で我慢しながら。

 自室に戻ると慌てて辺り見回す。そして唇に付着した新田・新田を慎重に拭き取ってゴミ箱に捨てる。それから缶ビールを飲み、パソコンに写ったクラプトンに目を移す。僕はまたボンヤリする。しばらくして我に返った僕は唖然とする。口の周りに新田・新田が大量に繁殖しているではないか。僕は慌ててパソコンを落とし、寝室のベットに駆け寄り、辺りの様子を窺ってから、毛布を頭からかぶる。それから僕はこう呟く。

「さあ。思う存分新田・新田しようか」


★相当、甘いけどリハビリ中。また、たまに書いていこうと思います。完全に趣味として。色々思うこともありましたが、批判する側より批判される側を選びたいとか(どっちでも良いけど)。結局、書くのが好きなのです。最初の頃に書いてた軽いのも書いてみたいもんす。
posted by sand at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

Deja Vu All Over Again


Deja Vu All Over Again

Deja Vu All Over Again

  • アーティスト:John Fogerty
  • 出版社/メーカー: Geffen Records
  • 発売日: 2004/09/21
  • メディア: CD




 娘が志望していた公立にも合格しました。まずは良かったです。
やはり試験の途中で何度か退席したみたいで、心配でしたが、なんとか。
 今後どうなるのか分かりませんが、今のところは、これで良しとしましょう。

 会社の方は、少し形になってきました。もう一息。3月中に、こちらもなんとか。

 仕事はやっぱり楽しいです。野望とかあるわけではなくて、楽しいので続けたい。関わってる人も長くなったので、なんとか整備してあげたいです。45歳にもなって捻りも何もないですが、頑張りたいです。と言っても何かしらの結果を求めている訳でなくて、ただ頑張って過ごすのが単純に好きなのです。今年になって入念に検査してもらったけど身体はどこも悪くなかったです。

 二人の娘を大学にやって就職させて、その後、女房に長生き出来るくらいお金を残したいです。出来るだけ長く死ぬまで働きたい。隠居などしたくない。バリバリ働いて、好きな音楽聴いて、ビール飲んで寝る。そういうの死ぬまで続けたい。年を取るってことが、抱えてるものを、少しずつ消し去ることで、いつしか内面が透明になれるのだとしたら、年をとるのも悪くはないと思います。

 母が死んで、自分の中に何が残るのだろうかと思っていましたが、見事に何も残らなかった。母は、何ひとつ残さず逝ってしまいました。痛快と言っても良いのかも。

 母は死ぬ前、こう話していました。
「欲しい物は何もない。行きたい場所は何処もない。生きているのは退屈で、生きているのは本当に面倒臭い」

 変わっていく自分を眺めるのは面白い。無責任に、大変、無責任に変わって行けば良いと思います。


posted by sand at 18:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。